第20回環境リサイクルフェア開催 in 甲府市

「Stop 温暖化!~ふみだそう 地球の未来 甲府から~ 」をテーマに、環境リサイクルフェアを開催します。再生自転車・家具の抽選販売や遊休食器無料配布「もってけ市」、おもちゃのお医者さんコーナー、また地球温暖化防止コーナー、フリーマーケットなど、家族みんなで学び、楽しめる催し物がたくさんあります。

★お知らせ
遊休食器無料配布「もってけ市」については、なくなり次第終了とさせていただきます。
また、数に限りがありますので、お一人様の持ち帰りの量についても制限させていただきます。

★当日は大変混雑が予想されます。車を乗り合わせてのご来場など、ご協力をお願いします。

・日 時 2017年11月11日 (土曜日)午前10時~午後3時
     (オープニングセレモニーは午前9時30分より)雨天決行
・場 所 甲府市リサイクルプラザ、環境センター車庫棟(甲府市上町601-2、4)
・主催者 環境リサイクルフェア実行委員会
・入 場 無料です

●お問い合わせ
環境リサイクルフェア実行委員会(環境保全課内)電話055-241-4312

 

 

 

 

 

気候予測の第一人者として世界的に貢献されてきたハンス・J・シェルンフーバー教授

気候予測の第一人者として世界的に貢献されてきたハンス・J・シェルンフーバー教授 (ポツダム気候影響研究所設立者・所長)が2017年ブループラネット賞を受賞され、来日されます。
※ブループラネット賞ページはこちら
http://www.af-info.or.jp/blog/b-info/201726.html

環境省・IGES・国環研の共催で、気候変動の状況や見通し、気候変動予測についての先生の講演と、再エネなど脱炭素社会づくりに向けたわが国の課題や方向性について議論するシンポジウムを10月20日(金)に開催します。ぜひご参加ください!地域センターの方はなかなか現地までいらっしゃることは難しいかもしれませんが、情報という意味も含めて、推進員などの関係ステークホルダーへの展開やメルマガ掲載など、いただけますと大変幸いです!

1.日時・場所
日時:平成29年10月20日(金)14:00~16:30
場所:ベルサール汐留ホールA(定員300名)
※ 日英同時通訳付き

2.お申込み・お問合せ先
こちらからお申し込みください
https://www.iges.or.jp/jp/smo/kc/20171020.html
問い合わせ先:Tel: 046-855-3734 Email: iges_pr@iges.or.jp

3.プログラム
●基調講演: ハンス・J・シェルンフーバー ポツダム気候影響研究所所長
「気候変動の脅威に立ち向かう社会の変革」(仮題)
※先生は、数学的モデルを駆使して学際的な情報を統合する「地球システム解析」という全地球的な視野を持つ新しい科学領域を開拓され、IPCCの主要執筆者を務められています。メルケル首相(当時環境大臣)のアドバイザーとして京都議定書に参加、世界銀行による「4℃上昇の世界への影響」報告書の主要執筆者として参加、など、2度目標の合意のまさに基礎を築かれた先生です。
※シェルンフーバー先生と国環研江守正多先生の対談記事です。とてもわかりやすいので、今回参加できないかたもぜひ!
ヤフーもIGESも内容はおなじです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20161125-00064790/
http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201701/313002.html

●パネルディスカッション 「ドイツの経験・教訓も参考にした我が国の2度目標達成方策について」
(モデレーター)浜中裕徳 IGES特別研究顧問
(パネリスト)
ハンス・J・シェルンフーバー ポツダム気候影響研究所所長
住明正 東京大学サステナビリティ学連携研究機構特任教授
磯部達 みやまスマートエネルギー株式会社代表取締役社長
加藤茂夫 株式会社リコー執行役員
森下哲 環境省地球環境局局長

 

 

 

 

 やまなしエコネットワーク20周年記念シンポジウム「持続可能な社会づくりの過去、現在、未来」

●日 時:2017 年10 月21 日(土)13:30~16:30
●場 所:甲府市役所本庁舎 1 階 市民活動室(甲府市丸の内1-18-1)
●参加費:無料
●対 象:環境活動に感心ある方全般
●後 援:山梨県、甲府市、環境パートナーシップやまなし

① 基調講演「持続可能な社会づくりの過去、現在、未来」13:35~
  講師:鈴木嘉彦氏(山梨大学名誉教授、やまなしエコネットワーク代表)

②パネル討論会「何ができたか、何ができるか」14:50~
 *パネリスト(予定)
  NPO 法人スペースふう/ライトダウンやまなし実行委員会/
  山梨環境カウンセラー協会/甲府市地球温暖化対策地域協議会/NPO 法人みどりの学校

やまなしエコネットワークは、1997 年に行われた地球温暖化防止京都会議=COP3の時に、京都会議へ市民の声を届けようと、全国のNGO/NPO が協力して行った「列島縦横エコリレー」の山梨の実行委員会の継承組織として、1998 年6 月20 日に設立し、活動を開始して今年は20年になります。
地球温暖化防止活動を基調に、持続可能な社会づくりに貢献することを目指して活動を続けてきました。この20 年間を振り返りますと、環境面では多くの成果につながる活動ができたと考えている一方、活動を担う私たち自身を含め、高齢化が進み、活動の担い手不足などの問題に直面しています。国や地域を見ると、高齢化や債務増大など、持続可能な社会にとっては深刻な課題も顕在化しています。
そこで20 年を一つの区切りとし、これまでの活動を振り返り、これから何をすべきか、何ができるのか、どのような連携が可能か、といった問題を討論し、それを共有することによって、新たな活動のスタートとしたいと考え、このシンポジウムを企画しました。

☆ 本企画は、パルシステム生活協同組合連合会の「地域づくり基金」の助成を受け、すすめています。

◆問合せ:やまなしエコネットワーク事務局 長田
〒400-0051 甲府市古上条町225-1
TEL055-243-6340 FAX 055-243-6359 E メール:econet@pal.or.jp

 

 

 

 


第4回 森林資源の地産地消で林業活性化に取り組む“群馬県上野村”へ行ってみよう!

木質バイオマス利用施設 見学ツアーのご案内

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、やまなし木質バイオマス協議会では、山梨県より平成29年度木質バイオマス普及促進事業を受託し、木質バイオマスボイラー等の導入を検討している県内の市町村、事業者の方々を対象に 木質バイオマスボイラー等利用施設の説明・見学ツアーを下記のとおり開催いたします。
今回は、群馬県上野村へ行き「上野村バイオマスツアー」に参加いたします。
このツアーでは、村のペレット工場でつくるペレットを燃料とした“国内初ドイツブルクハルト社製の小型木質ペレットガス化熱電併給装置(CHP)”と併設するきのこセンター、木材生産の現場や製材所、地域材を利用した建物など、一貫して森林資源を生かした村内循環社会に向けた取り組みを視察します。
ツアー自体が取り組みの一環でもあり、実際の現場から、課題や情報を学び取っていただきたいと考えております。
ぜひともご参加くださいますようご案内申し上げます。

・日 時: 平成29年11月16日(木) 7:00 ~18:30(予定) *大型バスで移動
・見学先:

 1)群馬県多野郡上野村 上野村バイオマスツアー
 (一般社団法人 上野村産業情報センター 〒370-1617群馬県多野郡上野村大字楢原310-1)
 2)森の体験館(村の取り組み・施設説明)・バイオマス発電所/きのこセンター
 3)木質ペレット工場・しおじの湯(ペレットボイラー)
 4)研修施設 木森れ陽(木材使用建築物)・道の駅・銘木工芸館

・定 員: 40名 受付先着順(定員になり次第、締め切ります。)
・参加費: 2,000円 ※「上野村バイオマスツアー」料金3,000円(昼食代含む)の一部をご負担いただきます。
・集合場所1: 山梨県庁東公用車駐車場 6:50集合(時間厳守でお願いします。)7:00発
 *できる限り公共交通でお越しください。やむを得ずお車の方は防災新館地下駐車場等をご利用ください。
・集合場所2: 談合坂SA 8:00集合(時間厳守でお願いします。)8:15発

・スケジュール:
県庁東公用車駐車場7:00発→ 8:00着 談合坂SA 8:15発→ 10:30着 上野村森の体験館
⇒ 村のマイクロバスに乗り換え上野村バイオマスツアースタート(約4時間)昼食有
ツアー終了14:30 ⇒ 大型バスに乗り換え帰路へ 14:40発→ 17:30着 談合坂SA 17:35発
→18:30着 県庁東公用車駐車場

・申込方法: 平成29年11月6日(月)までに、添付の申込用紙にご記入の上、メールまたはFAXにてお申込みください。

*詳細は参加のお申し込みをいただきました皆様に個別にご連絡いたします。

●お申込・お問合せ
やまなし木質バイオマス協議会 事務局 志沢美香 〒400-0854山梨県甲府市中小河原町64-1 功刀ビル1F
Tel:055-225-6834 Fax:055-225-6835 Mail:y-biomass@themis.ocn.ne.jp

 

 

 

 


「第10回 省エネセミナー」参加申込開始!


東京商工会議所&クール・ネット東京主催 中小規模事業所向け
『IoT』で業務改善、省エネ ~データを活用して新たな価値創造~

今年で10回目となる本セミナーでは、「『IoT』で業務改善、省エネ ~データを活用して新たな価値創造~」と題し、業務改善、品質・サービスの維持、経営スピードの向上、さらに省エネにつながる『IoT』を始めとした新たな技術の活用事例をご紹介いたします。「IoT」という言葉は聞いたことはあるけれど、何をして良いかわからない、そんな方もぜひご参加いただき、今後の取組にお役立てください。

・日時/平成29年11月22日(水) 13:00~16:30
・会場/科学技術館サイエンスホール B2階 東京都千代田区北の丸公園2番1号
・定員/410名 (申込先着順)
・費用/無料
・内容

第1部:基調講演「Smart City with Internet-by-Design」
東京大学 大学院 情報理工学系研究科 教授 江﨑 浩 氏

第2部:事例発表
「BEMSネットワーク通信を活用した省エネサービス事例」
アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
ファシリティマネジメント本部 エネルギーマネジメント部長 関根 勉 氏

「気象データを活用した需要予測情報の共有化による省エネ物流への取組」
一般財団法人 日本気象協会 事業本部 防災ソリューション事業部
プロジェクトマネージャー 本間 基寛 氏

「IoTを活用した“働く場”の改善事例 」
株式会社 内田洋行 営業本部 営業統括グループ
スマートビル事業推進部 部長 山本 哲之 氏

第3部:補助金等の情報提供
公益財団法人 東京都中小企業振興公社
企画管理部 設備支援課 課長 保坂 和彦 氏

■詳細及びお申込みについては、下記ホームページをご覧ください。
URL https://www.tokyo-co2down.jp/company/seminar/check/index.html

【問い合わせ先】 普及連携チーム TEL: 03-5990-5064

 

 

 

 


地球環境基金 助成金説明会・セミナー(関東)

11/1(水)14:00~16:30 @東京・渋谷
11/4(土)10:30~12:00 @栃木・宇都宮

http://www.geoc.jp/activity/epo/26678.html

「地球環境基金」は、民間団体(NGO・NPO)による環境保全活動を幅広く支援(資金の助成等)を行うことを目的として独立行政法人環境再生保全機構により運営されています。
平成30年度助成金交付要望の募集に際し、助成金説明会を開催いたします。地球環境基金の助成メニューの紹介に加え、要望書作成の際のポイントを学ぶ、実践的なセミナーもあわせて行います。初めて助成を申請される団体・ご担当の方をはじめ、多くの非営利組織の皆様のご参加をお待ちしております。

主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
協力:関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
栃木県地球温暖化防止活動推進センター(栃木会場)


■--開催概要-------------------------------■
★東京会場(渋谷)
〇日時:平成29年11月1日(水)14:00~16:30(開場13:45)
〇会場:東京ウィメンズプラザ 1F 視聴覚室
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山1F
→表参道駅から(徒歩5分)
→渋谷駅から(徒歩10分)
アクセス
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx

★栃木会場(宇都宮)
〇日時:平成29年11月4日(土)10:30~12:00(開場10:15)
〇会場:マロニエプラザ 大会議室 (2F)
栃木県宇都宮市元今泉6-1-37
〇協力:栃木県地球温暖化防止活動推進センター
※「ECOテック&ライフとちぎ」と同じ会場になります。
http://www.tochieco.jp/ecotech2017/
→宇都宮駅より、徒歩またはバス
アクセス
http://www.marronnierplaza.jp/access/


■--お申込方法-----------------------------■
○WEBでお申込
https://www.geoc.jp/mail_form/2/

○メールまたはFAXでお申込
下記項目をご記入の上、お送りください。
・お名前:※姓のみで結構です。
・フリガナ
・ご所属
・ご参加日 □東京:11/1(水)、□栃木:11/4(土)
・ご連絡先 E-mail or TEL
→メール送信先:kanto-epo@geoc.jp
→FAX送信先:03-3406-5064

 

 

 

 

 

 

明日からすぐに使える 省エネライフの知恵 研修会のご案内

・日時;2017年12月14日(木)13:30~1600
・会場;山梨県立図書館 多目的ホール
・講師;一般社団法人 省エネルギーセンター講師
・参加者;どなたでも、温暖化防止推進員、担当行政者
・参加費;無料
・主催;山梨県地球温暖化防止活動推進センター

「省エネ? しているよ。お金の節約にもなるし」今は、いつでもどこでも、ネットから情報が得られる時代。お財布にも、地球にもいいことだから省エネをしているよという方は、たくさんいます。
いろんな情報があふれているがゆえに、何がより効果的なのか、何が自分の暮らしににあっているかは、見極めていく必要があります。また、省エネには、ちょっとしたポイントとコツがあります。「知っているようで知らない」「知っているつもりだけど実はずれている」そんな情報と知恵に出会えます。「何だ、そんなことがポイントだったんだ」目からうろこの省エネ・地球温暖化防止の知恵がもりだくさんです。それぞれの暮らしをちょっと変えていくヒントになればと思います。

●プログラム予定
13:30 講演「明日からすぐに使える 省エネライフの知恵」一般財団法人・省エネルギーセンター
「省エネしているつもりで、実は省エネになっていない?」
「このポイントを抑えるとぐんと省エネできる!」
「こんなことで、簡単に省エネできるんだ」
知っているようで知らない、明日から使える省エネ・地球温暖化防止の知恵をいろいろ伺います!
15:10 休憩
15:25 ここまでの講義を受けての、疑問・質問ぺちゃくちゃタイム
15:50 各種ご案内・アンケート等
16:00 終了予定

 

●一般財団法人 省エネルギーセンター ご紹介
「あなたの省エネをお手伝いします!」を合言葉に、省エネルギーを巡る様々なニーズへの感度を高め、かつ新たな発想のもと、「価値ある情報の発信」、「幅広い人材の育成」、「政策への協力」、「技術・ノウハウの国際展開」を中心に活動を展開しています。省エネ・節電ポータルサイトで、無料の省エネ・節電診断を行い、各種研修会にも無料にて講師派遣もしています。
ホームページ https://www.eccj.or.jp/
省エネ・節電ポータルサイト https://www.shindan-net.jp/

※この事業は、山梨県地球温暖化防止活動推進員研修会を兼ねています。地方自治体の担当者の方、推進員の方は、自分達の地域での開催可能性も含め、どんなふうに、講師派遣がお願いできるかも学べます。

◎お問合せ・お申込
山梨県地球温暖化防止活動推進センター 公益財団法人キープ協会
0551-48-8011 メール;eco@keep.or.jp
http://www.keep.or.jp/yccca/


 

 

 

ゆるくつながり、地域で食もエネルギーもお金もまわす!研修会のご案内

トランジションタウンは、持続可能で、みんなが笑顔でいられるような社会を創るために身の丈にあった暮らし、つながりの感じられる生き方を実践しながら、食、エネルギー、お金や仕事を地元で循環させて、自給を目指す新しい形の市民運動です。神奈川県藤野町での、実践をゲストから伺います。
少ないエネルギーで心豊かに暮らすヒントがそこにはありそうです。
小山さんの話を聞いて、鈴木先生から「エネルギー」「循環型社会」の視点を教わりながら、それぞれの暮らしを豊かにするヒントを探してみませんか?地球温暖化防止・COOL CHOICE(持続可能な社会にむけた賢い選択)の一歩目が、そこにある?!

●プログラム予定
13:00 受付開始
13:30 トランジション藤野の話をあれこれ 小山さんと いろいろ おしゃべり
14:30 トランジション藤野を鈴木嘉彦先生の視点で解説
15:00 休憩
15:15 全体ディスカッション ~ 小山さん、鈴木先生と一緒に わいわいトーク
15:45 各種ご案内・アンケート等
16:00 終了予定

●トランジッション藤野とは
2008年 6月にパーマカルチャー(※)つながりの友人3名で準備を始め、2009年2月にコアメンバーを募って活動がスタートしました。
当初は映画の上映会、保存食づくりやソーラークッカーづくりなどの単発的なイベントを実施。
2010年からは地域通貨よろづ屋が発足。ネットワークが広がり、現在では約350世帯450名ほどが参加しています。
その後、テーマや興味に応じて、森部、藤野電力、お百姓クラブ、健康と医療などのワーキンググループが定着、成長を続けています。

(※)パーマカルチャー:オーストラリア人のビル・モリソンやデビッド・ホルムグレンらが提唱した農的暮らしのデザイン手法。トランジション・タウンの考え方は、これをまちづくりに応用したものと言える。
ホームページ:http://ttfujino.net/#about

●鈴木嘉彦 プロフィール
山梨大学名誉教授。地球環境問題の解決をめざして研究教育ならびに普及啓発活動を行っている。循環システム工学科の学科長等も務めた。自転車や公共輸送機関を利用し、自宅でも太陽光発電を行うなど環境に負荷を与えない生活スタイルを日々実践中。持続可能な社会を地球のミニモデルといえる山梨県で世界最初に実現すべく種々の活動を行っている。
著書:「持続可能社会のつくり方」日科技連出版 共著「循環型社会入門」オーム社、 「人間と情報」山梨日日新聞社、「地域と情報」山梨日日新聞社等

やまなしエコネットワーク代表 、公益財団法人「山梨総合研究所」理事、 山梨県小水力利用推進協議会会長 、NPO 法人「やまなし県民政策ネットワーク」理事長などを務めている。

◎お問合せ・お申込
山梨県地球温暖化防止活動推進センター 公益財団法人キープ協会
0551-48-8011 メール;eco@keep.or.jp
http://www.keep.or.jp/yccca/

 

 

 

 

 

「環境講演会」


1:とき 平成29年11月15日(水)午後1時30分~4時30分(受付 午後1時00分)
2:演題
  (1)「天に選ばれし名水の地やまなし~やまなし水ブランド戦略」
     山梨県森林環境部 政策企画監 関谷秀昭さん
  (2)「少子高齢化時代の持続可能な社会作り~シャドウワーカーが持つ能力の活用」  
     山梨大学名誉教授 鈴木嘉彦さん    
3:会場 山梨県立文学館 講堂(甲府市貢川1-5-35 県立美術館隣り)

・主催 山梨県環境計量協会
・後援 山梨県、NHK甲府放送局山梨日日新聞社山梨放送テレビ山梨山梨新報社
・協賛 山梨環境カウンセラー協会

◎連絡先
 山梨県環境計量協会事務局  山梨県甲府市徳行2-2-38
 (株)メイキョー内
  TEL 055-228-2858   FAX 055-228-8343

 

 

 

 

 

“こぶちさわ”森巡り「時代と共に移り変わる森林の問題を考察~土地活用の移り変わり~」


北杜市環境保全基金活用事業
知っているようで、知らない?八ヶ岳南麓の森の移ろい、今回限りの未来の森の姿を考えるバス視察会です。

協力/有限会社あおいとり Annの森プロジェクト ピザ&パスタマジョラム 株式会社茅ヶ岳観光バス

・日 時  平成29年11月26日(日)
・参加費  2,500円(税込)(バス・保険・昼食・税込)
・内 容 
・集 合  小淵沢第一駐車場
・時 間  9時15分集合 16時解散予定
・定 員  20名
・持ち物  飲み物 筆記用具 防寒着(基本屋外見学です)

※雨天実施
※昼食は、小淵沢パスタ&ピザマジョラムにて、ビーフストロガノフなどご飯もの・前菜・デザート・コーヒーを予定しています。
※お一人様料金
※定員になり次第、締切となります。

・ナビゲーター:Annの森代表 安藤義樹
       森林インストラクター、樹木医ほか
森を知りたい、森の環境を愛する人 必見!樹木と共にある暮らし、仕事、魅力と楽しみ…森に生きるスペシャリスト“あんじー”さんのナビゲート「Annの森」から始まり、小淵沢地内の森巡り。悠久の森の神秘、水の森の癒し…八ヶ岳の森の近未来への色々な可能性を語らう。バス移動しながらの森三昧の一日紅葉の秋と冬の間の森に出かけませんか?

・主 催 北杜市地球温暖化対策・クリーンエネルギー推進協議会(グリーン北杜)
・事務局 北杜市役所環境課 0551-42-1341(直通)

●お申込/株式会社タビゼン TEL.0551-45-8279 山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
  http://tabizen.jp/ 
  お問い合わせメールE-mail:tour@tabizen.jp
  FAX.0551-45-8270⇨FAXでのお申し込みは、裏面にご記入旅行企画実施/

 

 

 

 

 

八ヶ岳の森シンポジウムご案内

12月9日に開催する標記シンポジウムのご案内です。
基本情報は以下の通りですが、詳細は http://outdoor.geocities.jp/yatumori2007/yatumori.html の「第7回八ヶ岳の森シンポジウム」をクリックしてチラシをダウンロードしてください。

・期日:2017年12月9日(日) 13~16時
・会場:山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
・テーマ:生物多様性
・主催:八ヶ岳の森連絡会議
・共催:ふれあいセンター
・参加無料
・申込み不要

 

 

 

 

 

ウッドガスストーブ作り&使い方ワークショップ+ソーラークッカー体験会

空き缶で何でも調理できる?!テレビや新聞でも紹介されて少しずつ広まっている「ウッドガスストーブ」。 バーベキューはもちろん、日々のご飯作りでも重宝します☆一家に一台あれば、いざ!という時にも使えて安心です。
ウッドガスストーブを作るだけでなく、作ったものをさっそく使って、ご飯を炊いたり揚げ物や炒め物、スープも作って、さらにタンドリーチキンと魚の干物を炭火焼☆本格的なバーベキューでお外ご飯を楽しみます♪いろんな調理方法を体験するので、持ち帰ってすぐに使えて実践的です!
晴れていれば、ソーラークッカーでの調理もできますよ!寒くても薪割りでいい汗かける?!
缶を切ってドリルで穴を開けて、薪で調理をして美味しく食べて、全て子どもと一緒に学びながら楽しめます♪防災に環境に節約に役立つウッドガスストーブ、作って使って食べて、フルに楽しみましょう(^ ^)/

【日時】2017年11月23日(木曜祝日)10時~14時頃

【場所】World Cafe Guest House(山梨県南巨摩郡富士川町高下1511)
以下ホームページのアクセスを見ると迷わず来られます。
(車やグーグルナビは違う場所を指すことがあります)
埋め込み画像 1https://www.worldcafeguesthouse.com/アクセス/

【体験料(昼食込み)】大人2,000円、小学生以下1,500円
(家族参加の場合、子ども2人目以降は1,000円)
ウッドガスストーブ 1台につき1,500円

【問合せ&申込み】worldcafeguesthouse@gmail.com/090-5786-7907(山口)
までご連絡ください。その際に人数も合わせてお知らせください。

【持ち物】マイ皿、マイ椀、マイ箸、水筒、
(持っていれば)軍手・かなづち・金切バサミ

Facebookのイベント情報にて、ウッドガスストーブの使用動画も見られます!
https://www.facebook.com/events/149904452281950/

 

 

 

 



ゆるくつながり、地域で食もエネルギーもお金もまわす!研修会~トランジション藤野から学ぶ~

トランジションタウンとは持続可能でみんなが笑顔いられるような社会を創るために身の丈にあった暮らし、つながりの感じられる生き方を実践しながら食、エネルギー、お金や仕事を地元で循環させてを地元で循環させて、「自給」を目指す新しい形の市民 を目指す新しい形の市民運動です。少ないエネルギーで心豊かに暮らすヒントがそこはありそう。小山さんの話を聞いて、鈴木先生から「エネルギー」の話を聞いて「循環型社会」の視点を教わりながら、それぞの暮らしを豊かにするヒント探してみませんか?

・日時/2018年1月31日(水)13:30~16:00
・会場/山梨県立図書館 多目的ホール
・ゲスト/小山宮佳江さん(トランジション藤野 )
     鈴木嘉彦(山梨大学 名誉教授)
・共催/やまなしエコネットワーク
・主催/山梨県地球温暖化防止活動推進センター
・対象者/広く一般の方
・参加費/無料

●プログラム予定
13 :00 受付開始 受付開始 受付開始
13 :30 トランジション藤野の話をあれこれ
14 :30 トランジション藤野を鈴木嘉彦先生の視点で解説
15 :00 休憩
15 :15 全体ディスカッション~小山 さん、鈴木先生と一緒にわいわいトーク
15 :45 各種ご案内・アンケート等
16 :00 終了予定

◆お申込み・お問合せ
山梨県地球温暖化防止活動推進センター(公益財団法人キプ協会
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL 0551-48-3011
メール: eco@keep.or.jp
URL:http://www.keep.or.jp/yccca/

 

 

 

 

 

明日から すぐに使える省エネライフの知恵 研修会

冬の暖房時、 58 %の熱が窓から逃げている!エアコンの暖房効率を、劇的にあげるテクニックとは !?冬どれキュウリは栽培エネルギーが夏の5倍!!・・・ 「知って いるようで るようで 知らない?!」がもりだくさん。省エネライフの最新情報をお伝えします。

・日時/2017年12月14日(木)13:30~16:00
・会場/山梨県立図書館 多目的ホール
・講師/ 一般財団法人 省エネルギーセンターより 島崎洋一さん(山梨大学)
・参加費無料   どなたでもお越しください
・申込 /要予約(部分参加も可) 電話 ・メール でお申込 ください。 当日申込も可

・プログラム内容
13:30 講演「明日からすぐに使える省エネの知恵」
15:00 休憩
15:15 質問や意見交換
15:50 まとめ
16:00 終了予定

●一般財団法人 省エネルギーセンター
ホームペジ ホームペジ ホームペジ https://www.eccj.or.jp/

◎主催・ お申込・お問い合わせ
山梨県地球温暖化防止活動推進センター
(公財)キープ協会 環境教育事業部
電話 0551-48-8011
メール eco@keep.or.jp
URL http://www.keep.or.jp/yccca/

 

 

 

 

 

『世界のこどもが大切にしたいものたち』絵画展 ご案内

チュニジア・モルドバ・インドネシア・タイ・ルーマニア・タイフィリピン・ブルガリア・台湾・ベトナム・マレーシア・日本・・・世界のこどもは自国の自然や暮らしをどう見つめているのでしょう。どんなものが好きで、 どんな未来を夢見ているのでしょうか。
子どもの視点で描かれた作品はメッセージ性にあふれ、見る人に多くの気づきを与えてくれます。
子どもたちの思いを少しでも多くの人たちに伝えることで絵を見た人が、自分の暮らしの中で出来る環境への配慮について考え行動してくれるきっかけになればと願っています。
感覚的な色彩と心温まる感触の絵に会いにきて下さい。

・日時/2017.12.23(土)~2018.1.14(日)9:00-16:00
・会場/山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
  山梨県北杜市高根町清里3545(清泉寮むかい)
・入場無料
・休館日/12/26、1/9
・主催/山梨県地球温暖化防止活動推進センター
  公益財団法人キープ協会
・協力/花王国際こども環境絵画貸出し事務局

◎この絵画展は『花王国際こども環境絵画コンテスト』のご協力を得て過去のコンテストの入賞作品の中から60点を選ばせていただき開催を致します。

◎『花王国際こども環境絵画コンテスト』とは
http://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/environment/painting-contest.html
花王グループは、「いっしょにeco」をテーマに掲げ、環境への取り組みを進めています。
「いっしょにeco」の活動は、製品にかかわる全ライフサイクルの中で実行できる、よりecoな方法を提案するとともに、広く社会全般の環境活動との連携をめざしています。花王グループでは、世界の子どもたちに身近な生活のエコと地球の環境・未来について真剣に考え、絵画として表現してもらい、それを多くの人たちに伝えて「いっしょにeco」を拡げていきたいという想いのもと、2010年から「花王国際こども環境絵画コンテスト」を行なっています。

◆お問合せ
山梨県地球温暖化防止活動推進センター
電話/0551-48-8011
URL/http://www.keep.or.jp/yccca/
Mail:eco@keep.or.jp