「清里で”ふゆんちゅ(冬人)”になろう♪シリーズ①
軽アイゼンで凍てつく川俣渓谷ハイキング」体験レポート

日時:2017年1月15日(日)10:00~15:00 

 

huyuntyu170117.jpg

「清里で“ふゆんちゅ(冬人)”になろう♪」シリーズ第1弾は寒中に川俣渓谷をハイキング!

この日は全国的に厳しい冷え込みとなりましたが、清里では最低気温がマイナス10℃を下回り、日中でも氷点下という文字通り「厳寒」の1日に。

出発前にアイゼンのチェックをした後、清里を代表する景観の一つ、赤い橋(東沢大橋)へ車で移動。車を降りたそばから、山から吹き降ろす寒風が肌に当たります。

渓谷に降り立つ手前の急斜面でアイゼンを装着。凍結した箇所を慎重に通過します。見上げれば夏は岩壁の割れ目からしみだす湧水が背丈を超える大きな氷柱になっていました。

川沿いで昼食としましたが、あまりの寒さで早々に出発。一度室内に戻った後、車で「吐竜の滝(どりゅうのたき)」へ。川俣渓谷では最も見ごたえのある美しい滝ですが、この冷え込みで滝の一部が凍結し、神秘的な雰囲気でした。(滝を眺めながらのお茶&おやつもおいしかったですね・・・)

清里の冬をとことん楽しむ「ふゆんちゅ」シリーズ。次回以降もどうぞお楽しみに!

文責:関根