てくてく♪ほくと 体験レポート

川俣渓谷で自由研究~秋のはじまり☆自然の不思議発見さんぽ~

日程:8月17日(土) 13:00~15:30
歩いたコース:清里フットパス「川俣渓谷の小径」

自然に詳しい案内人"レンジャー"と一緒に北杜市にあるフットパスを歩く「てくてく♪ほくと」。歩きながら、普段は気づかないような自然の面白さ、美しさを見つけることができます。今回のテーマは「川俣渓谷で自由研究」。参加者13名と涼しくて気持ちの良い渓谷を歩きながら、たくさんの自然の不思議を発見することができました。

ふれあいセンターを集合場所にして、最初はみんなで自己紹介。そして早速外に出発!

まず色々な木の実の紹介。まだまだ暑い日が続いているのに秋を感じさせるような木の実がたくさん!ヤマブドウやアケビ、たくさんの木の実が実っていました!実際に森のキウイフルーツと呼ばれているサルナシの実を食べてみました。動物たちも甘くて大好きな実です。一口かじってみると・・・「しぶい!!」。まだ食べるには早かったようです。秋になり熟すと、とても甘くておいしい木の実になるんですよ!

続いてはリスがマツボックリの種を食べた跡のエビフライ探し!「どんな所に落ちているのかな?」、「どんな形をしているのかな?」みんな必死に探していました。

tekuteku_8171.jpg

エビフライ探しで自然のものを探す準備ができたら・・・

いよいよ川俣渓谷を下っていきます!ここでレンジャー"おのの"から自然のものを拾えるようにと一人ずつ袋が配られました。自分だけの宝物を見つけてみてね!

tekuteku_8172.jpg

写真は渓谷を下っている様子です。川俣渓谷では、色々な発見が続きます!ヤマアジサイやヤマホタルブクロ、ソバナなどたくさんの花も咲いていました!ヘリコプターみたいな形をしたカエデの種や、豆粒みたいなサワグルミの種、ふかふかのコケに、網々になったヤママユガのまゆ。「これなんだろう?」「自分で調べてみる!」と言う声も聞かれました!

そして天狗岩橋で休憩。レンジャーが用意していた笹茶やとうもろこし、ぶどうを食べて参加者のみなさん元気いっぱい!

今度は川俣渓谷を登ります!急な上り坂。 しかし一度も休憩することなく登りきりました。参加者みなさんのがんばりにとても驚きです!

最後に、配られた袋の中に何をとったのか見せてもらいました。サワグルミの種やカエデの種、エビフライ。たくさんの自分だけの宝物を見つけました!

川俣渓谷を歩きながら、五感を使いじっくり自然を感じることで、面白いものや不思議に思うものをたくさん発見してくれました。「これは面白い!」「これはなんだろう?」と思ったことをさらに調べてみると、それは自由研究になります。自然の中には不思議がいっぱい!これからも、自然の不思議、面白さをたくさん見つけてみてくださいね。そしてまた清里の自然に会いに、ぜひ「てくてく♪ほくと」にもご参加下さい。スタッフ一同お待ちしております!

実習生 長田