taiken_inter01.jpg

人と自然との橋渡し役と呼ばれるインタープリター。インタープリターズキャンプは、体験や実習を中心に、インタープリテーションの考え方や手法を楽しく学ぶ、参加型学習の場です。 

taiken_report_list_01.png

第70回 清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)
  ~ 気づきが生まれる学びの場 ~

日  程: 2020年1月11日(土) 13:30 ~ 13日(月・祝) 14:00 <2泊3日>
場  所: 清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
講  師: 津村 俊充(つむら としみつ)<南山大学名誉教授、JIEL代表理事・所長>
      増田 直広(ますだ なおひろ)<公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員>
受付状況: 申込受付中

   

中国の古いことわざに、こんな言葉があります。
「聞いたことは忘れる」「見たことは思い出す」「体験したことは理解する」「発見したことは身につく」
人は忘れる生きもの。「たくさんの情報」を受け取っても、心に残らない限り、すぐに忘れてしまうものです。それでも、いざ実施者側に立つと、ついつい一生懸命しゃべりすぎてしまったり、やりたいことが多すぎて、詰め込みすぎてしまったり。結局、「一番伝えたかったこと」さえぼやけてしまう…。誰しもそのような経験があるのではないでしょうか?
では、どうすれば「ずっと心に残る」メッセージを届けることができるのでしょうか?
そのために大切なキーワードが「気づき」。自ら発見したことは、「身につく」だけでなく、新しい行動へのエネルギーになります。今回は、「気づきが生まれる学びの場」と題し、「体験学習法」と「インタープリテーション」の視点からメッセージを届けるコツについて学びます。
「なんか楽しかった!」「いろんな話を聞けて良かった!」で終わらせないために、気づきの大切さを学び直してみませんか。

体験学習法とは

「体験=今ここで起こっていること」に注目し、「体験を学びにつなげる」学習法です。この学習法を知ることは、あなたのインタープリテーションをより豊かで深いものへと進化を促してくれます!
「体験学習法」と「インタープリテーション」、両方の視点から「伝える」ということを改めてとらえてみませんか?

インタープリテーションとは

「単なる情報の提供ではなく、直接体験や教材を通し事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを目的とした教育活動」
  (フリーマン・チルデン:『インタープリテーション入門』」より)

【清里インタープリターズキャンプ】は、

・環境省「環境教育の人材育成・人材認定等事業」に登録されています。
 https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html
・環境省「体験の機会の場の認定」を受けています。
 https://edu.env.go.jp/system/state_opportunity.html

こんなことが学べます!

・インタープリテーションの基本的な考え方と技能
・体験学習法の基本的な考え方と活用法
・「気づき」を生み出すためのヒント

こんな人にオススメです!

・人と関わる仕事に興味のある方、または携わっている方
 eg)ガイド、保育士、先生、各種講師など、人前でお話しされる方
・インタープリターや環境教育の仕事に興味のある方、または携わっている方
・「メッセージを伝える力」を磨きたい方
・「伝えることでこんな世の中になったらうれしい!」という思いのある方

過去のプログラムの様子(体験レポート)はこちらをご覧ください

http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/report1703.php#60
http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/report1501.php

講師紹介

<津村 俊充(つむら としみつ)>津村俊充近影

南山大学名誉教授/一般社団法人日本体験学習研究所代表理事・所長
徳島県徳島市出身。名古屋大学大学院教育心理学専攻博士課程前期修了。教育学修士。

教育現場や組織開発への体験学習の導入・普及に関心をもつ。マサチューセッツ大学教育学大学院にてセルフサイエンスを学ぶ。同時にNTLにてラボラトリーメソッドによる体験学習のトレーナートレーニングを受ける。
最近はフューチャーサーチ、AIアプローチ、ナラティブアプローチなど対話型OD(組織開発)の手法も取り入れた人間関係づくりに取り組む。2011年日本人初のNTLメンバーとして認められる。
『ラボラトリー方式の体験学習は、人と関わる仕事をされている方にはとても大切な学び方であるとともに、人間のありようを示してくれる哲学です。自分の中に起こるプロセス、人と関わる時に起こるプロセス、グループの中で起こるプロセスなどに目を向け、そのプロセスから学び、そのプロセスの中でどのように生きることができるのかなどを、学ぶ人とともに考えていく場づくりの支援をしたいと考えています。』
おもな著書
『改訂新版プロセス・エデュケーション~学びを支援するファシリテーションの理論と実際』(金子書房、2019年)著
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2014年)編著
『ファシリテーター・トレーニング~自己実現を促す 教育ファシリテーションへのアプローチ~』(ナカニシヤ出版、2010年)編著
『人間関係トレーニング第2版~私を育てる教育へ 人間学的アプローチ~』(ナカニシヤ出版、2005年)編著 ほか多数

体験学習に関心ある方は
JIEL Web: http://www.jiel.jp
JIEL所長のつぶやき http://jiel.jp/blog-manager/
つんつんのFACEBOOK https://www.facebook.com/toshimitsu.tsumura


<増田 直広(ますだ なおひろ)>増田直広近影

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員

(その他の役職) 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター 館長/山梨県地球温暖化防止活動推進センター センター長/都留文科大学 非常勤講師/日本大学 非常勤講師/帝京科学大学 非常勤講師/立教大学ESD研究所 客員研究員/公益財団法人やまなし環境財団 評議員/日本インタープリテーション協会 理事/JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 運営委員/「体験の機会の場」研究機構監事 ほか
おもな著書
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、編著)
『ファシリテーター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、共著)
『環境教育辞典』(教育出版、共著)など
※詳しくは http://www.keep.or.jp/taiken/staff/

開催要項

日 時: 2020年1月11日(土)13:30 ~ 13日(月・祝)14:00 <2泊3日>(申込受付中)
場 所: 清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
対 象: 16歳以上一般(インタープリテーションに興味・関心のある方ならどなたでも)
定 員: 30名(先着順)
料 金: 48,000円(税込)(内訳:プログラム費 24,000円、宿泊食費 24,000円)
割 引: 【学割】学生の方:5,000円引
【早割】12/28(土)までにお申し込みの方:3,000円引
【会員割】フレンズ・オブ・キープの会員の方:通常料金から10%引
 ※それぞれ割引の併用はできません。
後 援: 環境省・文部科学省・林野庁・山梨県
主 催: 公益財団法人キープ協会

お申し込み方法

 

★お申し込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせいたします。
★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)をお送りいたします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、こちらからのご連絡やご案内を目的に利用します。

キャンセル規定

事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、下記のキャンセル料をいただきます。やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、必ずご連絡ください。
・資料が届いた日~1/3:事務手数料として1,000円
・開催1週間前(1/4) ~ 2日前(1/9):参加費の25%
・開催前日(1/10):参加費の50%
・当日(1/11)、及び無連絡の不参加:参加費の100%

お問合わせ先

キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228
email:forester@keep.or.jp
担当:村井(むらい)

第71回 清里インタープリターズキャンプ(展示)
 ~心が動き、学びに導く展示をつくる~

日  程: 2020年2月17日(月) 13:30 ~ 19日(水) 14:30 <2泊3日>
場  所: 清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
講  師: 染川 香澄(そめかわ かすみ)<ハンズ・オン プランニング 代表>
      増田 直広(ますだ なおひろ)<公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員>
受付状況: 申込受付中

   

ビジターセンターやネイチャーセンター、博物館などで重要な役割を担っている「展示」。
展示の良し悪しにより、施設の存在価値が左右されると言っても過言ではないかもしれません。 では、良い展示とは果たしてどんなものでしょうか?「ん!?」と思わず足をとめてしまうもの、見ているうちにグッと惹きこまれるもの、「ねーねー、これ知ってた?」と誰かに話したくなるもの、もっとそのことを知りたくなるもの 等々・・・、他には?
今回目指したいものは、来館者の「心が動き、学びに導く」展示。講義や施設展示の見学・展示づくりなど様々な実習を通して、展示の基礎から応用まで、しっかり学びます!
講師には展示のプロ 染川香澄さんをお招きします。国内から海外まで、様々な展示に携わってきた染川さんの展示へのアツイ思いや深い知見に触れられることもキャンプの醍醐味☆伝えるプロキープ協会増田直広もご一緒します!
「展示」の力をつけることで、あなた自身とあなたの現場の伝える力をパワーアップしてみませんか?

インタープリテーションとは

「単なる情報の提供ではなく、直接体験や教材を通し事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを目的とした教育活動」
  (フリーマン・チルデン:『インタープリテーション入門』」より)

【清里インタープリターズキャンプ】は、

・環境省「環境教育の人材育成・人材認定等事業」に登録されています。
 https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html
・環境省「体験の機会の場の認定」を受けています。
 https://edu.env.go.jp/system/state_opportunity.html

こんなことが学べます!

・インタープリテーションにおける施設展示の位置づけ
・ハンズ・オン(手で触れる/体験型の)展示の考え方
・利用者の視点に立った展示作り
・来館者の心を動かし、学びに導く展示の作り方
・展示計画に必要な視点(企画から評価まで)
・全国から集う参加者との交流・情報交換

こんな人にオススメです!

・ビジターセンターやネイチャーセンターなど、自然ふれあい施設の管理運営に携わっている方
・自然体験活動、自然解説活動に関連する施設の指定管理者、NPO、民間団体の方
・美術館、科学館、博物館、水族館、動物園などの各種教育施設の展示に携わっている方
現場の活動の充実を図ることを目的とした、実践的な内容ですが、「施設展示」というテーマに興味・関心のある方ならば、どなたでもご参加いただけます。

特典

・展示のプロ 染川香澄さんと伝えるプロ 増田直広のダブル講師!
・清里のとても美しい冬景色
・地産地消の美味しいお料理
・様々な人との出会いと繋がり

過去のプログラムの様子(体験レポート)はこちらをご覧ください

http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/report1702.php

スケジュール(予定)

《1日目:2/17(月)》
 開講式、研修のウォーミングアップ
 実習:山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター展示見学
 講義:展示概論① (施設における展示について、ハンズ・オン展示とは 等)
 講義:インタープリテーションと展示について
 展示づくり実習のオリエンテーション
 自由交流会
《2日目:2/18(火)》
 実習:朝のお散歩&展示のネタ探し
 講義:展示概論②
 実習:展示作り実習(ハンズ・オン展示作成・発表&相互評価・評価を受けての改善)
 オプション:ナイトハイク
 自由交流会
《3日目:2/19(水)
 オプション:やまねミュージアム展示見学
 実習:展示づくり実習つづき(改善したものを発表)
 補いの講義&質疑応答
 キャンプのふりかえり&わかちあい
 閉講式

講師紹介

<染川 香澄(そめかわ かすみ)>染川香澄近影

ハンズ・オン プランニング 代表

司書としてこどもの図書館で10年間勤務したのち、米国の複数のこどもの博物館でインターンをしながら博物館教育を学ぶ。
人は楽しんでいる時こそ、多くを学ぶという信念のもと、全国の歴史系博物館や水族館、自然史博物館などの様々な文化施設の立ち上げ、子どもを中心とした家族が楽しく利用できるための展示アドバイスやスタッフ養成、利用者調査など幅広い仕事に取り組んでいる。
代表的な仕事は兵庫県立考古博物館の展示監修。
おもな著書
『ハンズ・オンは楽しい』(工作舎、共著)
『ハンズ・オンとこれからの博物館』(東海大学出版会、共訳)
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、共著)ほか多数


<増田 直広(ますだ・なおひろ)>増田近影

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員

その他の役職 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター 館長/山梨県地球温暖化防止活動推進センター センター長/都留文科大学 非常勤講師/日本大学 非常勤講師/帝京科学大学 非常勤講師/立教大学ESD研究所 客員研究員/日本環境教育学会理事/NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)理事/日本インタープリテーション協会理事/公益財団法人やまなし環境財団評議員/JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 運営委員/「体験の機会の場」研究機構監事 ほか
おもな著書
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、編著)
『ファシリテーター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、共著)
『環境教育辞典』(教育出版、共著)など
※詳しくは http://www.keep.or.jp/taiken/staff/

開催要項

日 時: 2020年2月17日(月) 13:30 ~ 19日(水) 14:30 <2泊3日>(申込受付中)
場 所: 清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
★男女別相部屋
対 象: 16歳以上一般(インタープリテーション・展示に興味・関心のある方ならどなたでも)
定 員: 30名(先着順)
料 金: 46,000円(税込)(内訳:プログラム費 24,000円、宿泊食費 22,000円)
割 引: 【学割】学生の方:5,000円引
【早割】2/3(月)までにお申し込みの方:3,000円引
【会員割】フレンズ・オブ・キープの会員の方:通常料金から10%引
 ※それぞれ割引の併用はできません。
後 援: 環境省・文部科学省・林野庁・山梨県
主 催: 公益財団法人キープ協会

お申し込み方法

 

★お申し込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせいたします。
★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)をお送りいたします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、こちらからのご連絡やご案内を目的に利用します。

キャンセル規定

事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、下記のキャンセル料をいただきます。やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、必ずご連絡ください。
・資料が届いた日~2/9:事務手数料として1,000円
・開催1週間前(2/10) ~ 2日前(2/15):参加費の25%
・開催前日(2/16):参加費の50%
・当日(2/17)、及び無連絡の不参加:参加費の100%

お問合わせ先

キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228
email:forester@keep.or.jp
担当:小野(おの)

キープ協会のアクティビティ道場
 ~ #真冬に体験会やってみることにしました ~

日程:2020年3月1日(日) 12:30~16:30 <日帰り>(募集中)
   2020年3月2日(月) 12:30~16:30 <日帰り>(募集中)
場所:公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市高根町清里)

ip_kogi01.jpg ip_taiken01.jpg

『キープ協会の研修を受けてみたいけど、日程や費用がネックでなかなか参加できない...。』
そんな方に朗報です!
どなたでも気軽に参加できる、半日版のアクティビティ体験会を開催します!
4時間4,000円と参加しやすい(※弊社比)条件でキープのアクティビティをたくさん体験でき、インタープリテーションの基礎も学べるお得な講座です。
また、「アクティビティの紹介」だけではなく、楽しい体験の中に込められた意味や(熱い)想いをどのように表現していたか、「意図開き」の時間で解説します。
「キープ協会のアクティビティを体験したい人」「アクティビティの「ネタ」が欲しい人」「インタープリテーションの基礎を学びたい人」「"実施者としてのメッセージ"をちゃんと伝えたい人」などにおススメです!
定員20名、学割500円引きです。
興味のある方はお早めにお申込・お問合せください!

P.S 
 今年は村井・西尾の2名でご案内します!
 レンジャーの「個性」もお楽しみに!

開催要項

ip-p003.jpg

・日 時/2020年3月1日(日) 12:30~16:30 <日帰り>
      2020年3月2日(月) 12:30~16:30 <日帰り>
・場 所/公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市高根町清里)
・対 象/16歳以上
・定 員/20名(先着順・各回共通)
・料 金/一般 4,000円 学生 3,500円(各回共通・税込)
・割 引/ 【学割】学生の方:500円引
      【会員割】「フレンズ・オブ・キープ」会員の方:通常料金から10%引
       ※【学割】と【会員割】は併用ができません。ご了承ください。
・主 催/公益財団法人キープ協会
・備 考/昼食は事前に済まされたうえでお集まりください。
      1日・2日両日開催ですが、基本的に同じ内容を実施します。

 

★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせいたします。
★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)をお送りいたします。

キャンセル規定

事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、下記のキャンセル料をいただきます。やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、必ずご連絡ください。
 ・【事前資料お届け日~8日前】事務手数料として1,000円
 ・【1週間前~2日前】参加費の25%
 ・【前日】参加費の50%
 ・【当日または無連絡の不参加】参加費の100%;

 お問合せ先

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
 Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-3228
 E-mail:forester@keep.or.jp (担当:村井、西尾 )

保育者のためのインタープリターズキャンプ(入門)

日  程: 2019年12月14日(土) 13:00~15日(日)15:00 <1泊2日>
場  所: 清泉寮自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
講  師: 増田 直広(ますだ なおひろ)<公益財団法人キープ協会環境教育事業部 主席研究員>
      小西 貴士(こにし たかし)<森の案内人、写真家(日本写真家協会会員)>
受付状況: 終了しました

   

『自然の中で子どもたちと接する中で、「これ何?」「面白いもの見つけたよ!」と声を掛けられたことはありませんか?またそんなとき、みなさんはどんな言葉を返していますか?
インタープリテーションは相手に分かりやすく伝えるための技術であると同時に、子どもたちの自然への興味や関心を高める上でとても大切な「促す役割」を果たします。
日常の保育の中に「インタープリテーション」を取り入れることで、子どもたちがワクワクしながら自然のことをどんどん好きになっていく、そんな嬉しい変化があるはずです!
今回は特に日常的に保育で行われる「お散歩」や「読み聞かせ」などに具体的にどうインタープリテーションを活かすことができるのかを、二人の専門家の視点からみなさんと学んでいきたいと考えています。
たくさんのみなさんのご参加をぜひお待ちしています。』

インタープリテーションとは

「単なる情報の提供ではなく、直接体験や教材を通し事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを目的とした教育活動」
  (フリーマン・チルデン:『インタープリテーション入門』」より)

ここがオススメ!

・保育の現場で何かを「伝える」ときに是非取り入れてほしい「インタープリテーション」の基本的な考え方と技能についてお伝えします!
・ダブル講師により、インタープリテーション&環境教育の視点と保育の視点をつなげて学ぶことができます!
・キープ協会のインタープリテーション(環境教育プログラム)を体験できます!
・みんなで囲む美味しいお食事と薪ストーブでほっこり癒しの時間♪
・冬の夜長、講師や参加者と様々な情報交換ができます! 多いに語り合い交流を深めましょう!

過去のプログラムの様子(体験レポート)はこちらをご覧ください

http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/report1703.php#60
http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/report1501.php

【清里インタープリターズキャンプ】は、

・環境省「環境教育の人材育成・人材認定等事業」に登録されています。
 https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html
・環境省「体験の機会の場の認定」を受けています。
 https://edu.env.go.jp/system/state_opportunity.html

講師紹介

<増田 直広(ますだ なおひろ)>増田直広近影

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員/都留文科大学 非常勤講師/日本大学 非常勤講師/帝京科学大学 非常勤講師/立教大学ESD研究所 客員研究員

園児対象の環境教育プログラムの企画・運営・評価、保育者研修、幼児環境教育プログラム集作りなどを担当。
一般社団法人日本環境教育学会にて、プロジェクト研究「幼児期における環境教育」の事務局を担当。「幼児期における環境教育のためのチェックリスト」作りに関わる。
環境教育を通して「持続可能な社会=誰にとっても平和な社会」の実現に向けて、「普段着インタープリター」(=インタープリター的センスを持って日々を生きる人)を増やすべく、清里をはじめ全国各地で活動中。
おもな著書
『ファシリテーター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2003年)共著
『img_』(ナカニシヤ出版、2014年)編著


<小西 貴士(こにし たかし)>小西近影

森の案内人/写真家(日本写真家協会会員)/大妻女子大学非常勤講師/聖心女子大学非常勤講師/清里聖ヨハネ保育園非常勤スタッフ

森の案内人(インタープリター)であり、写真家。
様々なアプローチで生命とつながりを見つめることを得意とする。
2000年のキープ自然学校立ち上げより、15年間レンジャーとして勤務、清里聖ヨハネ保育園で副園長を務めた後にフリーランス。
現在は八ヶ岳南麓にて汐見稔幸氏や大豆生田啓友氏らと共に「ぐうたら村」という、保育者のための自然と文化の学校を主宰。
森や野原で子どもたちと過ごしながら、子供を含む「命を巡るうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮り続ける。
写真や言葉を雑誌などで発表するかたわら、広く保育や子育てを応援するため、全国各地でスライドショウや写真展を開催。
おもな著書
『子どもと森へ出かけてみれば』(フレーベル館出版、2010年)
『みてみて!』(福音館書店、2013年)
『また おこられてん』(童心社、2016年)ほか多数。

スケジュール(予定)

《1日目:》
12:30受付 ※会場は清泉寮自然学校です
13:30はじまりの会
13:50アイスブレイク
14:10実習:スライド&トーク
14:50移動・八ヶ岳自然ふれあいセンターへ
15:05実習:インタープリテーションの体験 ※屋外での体験時間です。暖かい服装をご準備ください。
16:35実習:展示を通したインタープリテーション 
17:05移動・自然学校へ
17:20休憩・荷物をお部屋へ、着替えなど
18:00夕食
19:00体験の意図開き、インタープリテーションについて
保育とインタープリテーション、環境教育について自分たちの日常保育と環境教育の視点がどうつながるのかを考える
20:301日のふりかえり
20:45終了、以降交流会&お風呂など
《2日目:》
8:00朝食
9:00実習:伝え方の一工夫 オリエンテーション
みなさんに実際にインタープリテーションを実施してもらう時間を予定しています。
お楽しみに!
9:30実習:伝え方の一工夫 準備
10:30実習:伝え方の一工夫 実施
11:15実習:伝え方の一工夫 ふりかえり
12:00昼食
13:00実習:それぞれが園や日常でできることを考える時間
14:00質疑応答など
14:152日間のふりかえり
14:45終わりの会
15:00終了
 ※スケジュールは講師と相談の上、みなさまの学びを一番に考えて作成します。
 そのため、予告なく変更になる可能性があることをご了承ください。

開催概要

日 時: 2019年12月14日(土) 13:00~15日(日)15:00 <1泊2日>(終了しました)
場 所: 清泉寮自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
※男女別相部屋
対 象: 16歳以上一般(保育やインタープリテーション・環境教育に興味・関心のある方ならどなたでも)
定 員: 30名(先着順)
料 金: 20,000円(税込、宿泊食費込)
主 催: 公益財団法人キープ協会(環境教育事業部、清泉寮自然学校、清里聖ヨハネ保育園)

お申し込み方法

本プログラムの受付は終了しました

 

★お申し込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせいたします。
★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)をお送りいたします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、こちらからのご連絡やご案内を目的に利用します。

キャンセル規定

事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、下記のキャンセル料をいただきます。やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、必ずご連絡ください。
・資料が届いた日~12/6:事務手数料として1,000円
・開催1週間前(12/7)~2日前(12/12):参加費の25%
・開催前日(12/13):参加費の50%
・当日(12/14)、及び無連絡の不参加:参加費の100%

お問合わせ先

キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228
email:forester@keep.or.jp
担当:石川(いしかわ)

 

 leaderscamp_banner.png
  eeseminar_banner.png 
 rikkyoesd.png project-w_banner.png


taiken_list_05.png taiken_list_06.png