taiken_inter01.jpg

人と自然との橋渡し役と呼ばれるインタープリター。インタープリターズキャンプは、体験や実習を中心に、インタープリテーションの考え方や手法を楽しく学ぶ、参加型学習の場です。

taiken_report_list_01.png

  第59回清里インタープリターズキャンプ(専科/展示・教材  

第60回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)

 第61回清里インタープリターズキャンプ (時間・空間・場のデザイン)


第59回清里インタープリターズキャンプ(展示・教材編)
~明日からできる!展示の“ビフォーアフター”~  

  日程:2017年1月25日(水)13:30~1月27日(金)13:30
場所:キープ自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市)
講師:染川 香澄(ハンズ・オン プランニング 代表)
    鳥屋尾 健(公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 課長)

事前資料

ちらしPDF

inter1611.jpg

 昨年度の「展示・教材」編では一から展示を作るという実習を通して一連の展示計画(企画から評価まで)について学びました。
今回は「ゼロベースから展示を作る」より「既存の展示を改善する」ことに重点を置きます。
各施設の展示の状況は異なりますしゼロから作成するよりむしろ今ある展示をいかに「ハンズ・オン展示」の視点で改善できるかそのノウハウを持ち帰ることを今回の大きな目的にしたいと考えています。
講師はいつもお世話になっているハンズオン・プランニングの染川香澄さん。そして山梨県地球温暖化防止活動推進センターの活動等で日頃から展示・教材作成に携わる機会の多いキープ協会の鳥屋尾健。二人の関西弁&名古屋弁の掛け合いも楽しみ!?
参加者皆さん同士の情報交換も目的の一つです。展示・教材作成の便利グッズ(材料・文具)などありましたらぜひご紹介ください。一緒に展示・教材のスキルアップを図りましょう!(関根)

 講師・染川 香澄からのメッセージ

良く考えられた展示は楽しく学べる心強い存在で、職場での仲間のようなものです。展示制作が苦手だと思っている人には利点が、得意だと思っている人には逆に注意点があったりもします。展示は奥が深いです。新しい視点を持つことで、昨日まではとは違ったあなたに。全国の展示関係者とのネットワーキングの場にもなります。

講師・鳥屋尾 健からのメッセージ

展示&教材は、教育やインタープリテーションの可能性を拡張してくれます。と書くと、はやりのAI(人工知能)みたいですが・・・人ではできないこと、人と展示&教材だからできること、人ではないからこそできること・・・いろいろ考えたいですね。「ちょっとの一工夫」の楽しさと喜びを一緒にうみだしましょう!

清里インタープリターズキャンプ(展示・教材編)で学ぶこと

・インタープリテーションと展示
・展示の役割
・ハンズ・オン展示の考え方
・展示の評価と改善(★特にココを掘り下げます)
・全国から集う参加者との情報交換  

スケジュール(予定)

 <1日目/1月25日(水)>
  13:30 開講式/オリエンテーション
  13:50 研修のウォーミングアップ(アイスブレイキング)
  14:40 利用者の視点で施設見学@やまねミュージアム
  15:40 講義:インタープリテーションと展示
  16:40 批評的視点で施設見学@八ヶ岳自然ふれあいセンター
  18:00 夕食 
  19:30 参加者の展示紹介&講師からのフィードバック
      ~参加者の活動先の展示を写真等で紹介いただき
       講師が某才能査定番組よろしくフィードバック!~
  20:30 情報交換会(任意)

 <2日目/1月26日(木)>
  08:00 朝食
  09:15 講義:ハンズ・オン展示の考え方
  10:30 講義:展示の評価と改善
  11:00 実習:展示改善実習/オリエンテーション
      ~小グループに分かれて既存の展示を実際に改善します~
  11:30 実習:展示改善実習
  12:30 昼食
  13:15 講義:展示作成の実際
  13:45 実習:展示改善実習(続き)
  15:30 実習:展示改善実習/発表と相互評価
  17:00 実習:展示改善実習/実習のふりかえり
  18:00 夕食
  19:30 ナイトハイク
  20:30 情報交換会(任意)
  
 <3日目/1月27日(金)>
  08:00 朝食、チェックアウト
  09:30 補いの講義、質疑応答
  11:00 3日間のふりかえりとわかちあい
  12:00 閉講式
  12:30 昼食、解散

講師

染川 香澄(そめかわ・かすみ)
ハンズ・オン プランニング 代表
司書としてこどもの図書館で10年間勤務したのち、米国の複数のこどもの博物館でインターンをしながら博物館教育を学ぶ。人は楽しんでいる時こそ、多くを学ぶという信念のもと、全国の歴史系博物館や水族館、自然史博物館などの様々な文化施設で子どもを中心とした家族が楽しく利用できるための展示アドバイスやスタッフ養成、利用者調査など幅広い仕事に取り組んでいる。

(おもな著書)
『ハンズ・オンは楽しい』(工作舎、共著)
『ハンズ・オンとこれからの博物館』(東海大学出版会、共訳)
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、共著)ほか多数

詳しくは http://hophophop.cocolog-nifty.com/about.html

鳥屋尾 健(とやお・たけし)
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 課長/山梨県地球温暖化防止活動推進センター事務局長
学生時代より「学びの場づくり」に関わりつづけ20年。八ヶ岳自然ふれあいセンターの担当をスタートに野外展示・手作り展示・セルフガイドシート等あれこれ試行錯誤。「愛・地球博」での森の自然学校事業やその後の跡地事業近年では地球温暖化防止の切り口での展示・教材開発等に多数関わる。根っこがなまけものなので、自分が直接インタープリテーションをする以上にいい仕事をしてくれる展示や教材が好き。

(おもな著書)
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、共著)

詳しくは http://www.keep.or.jp/taiken/staff/

「清里インタープリターズキャンプ」は、

・環境省「環境教育の人材育成・人材認定等事業」の登録事業です。
  https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html
・環境省「体験の機会の場の認定」を受けています。
  https://edu.env.go.jp/system/state_opportunity.html
・キープ協会ではインタープリター養成の出前講座も行っています。ご要望に応じて全国どこへでも講師を派遣します。
  http://www.keep.or.jp/taiken/leader/demae.php 

開催概要

・主 催/公益財団法人キープ協会    
・後 援/環境省、文部科学省、林野庁、山梨県 
・日 時/2017年1月25日(水)13:30~27日(金)13:30 <2泊3日>
・場 所/キープ自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
・対 象/16歳以上一般
現場の活動の充実を図ることを目的とした実践的な研修会ですがテーマに興味・関心のある方でしたら、どなたでもご参加いただけます。特に
~ビジターセンターやネイチャーセンターなど環境教育や自然体験活動に関連する施設で活動している
~インタープリテーションのスキルアップとして間接的な(人を介さない)インタープリテーションのノウハウを学びたい
~博物館、科学館、美術館、資料館、動物園、水族館などの各種教育施設で展示・教材作成に携わっている
といった方におすすめします。
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般42,000円、学生36,000円(税込、宿泊食費込)
・割引/【早割】1/11(水)までにお申込みの方:3,000円引 
    【家族割】ご家族でお申込みの方:1名につき1,000円引
    【30周年記念割】30周年記念割券をお持ちの方:申込みの際にお申し出ください
     【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
※【30周年記念割】【会員割】は他の割引と併用ができません。ご了承ください。   

 

★お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせします。
★開催2週間前頃に、事前資料をお送りします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、キープ協会からのご連絡やご案内を目的に利用します。 

キャンセル規定

・事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は下記のキャンセル料をいただきます。
・やむを得ない事情でキャンセルされる場合には必ずご連絡ください。
【資料が届いた日~1/17】事務手数料として1,000円
【1/18~1/23)】参加費の25%
【前日(1/24)】参加費の50%
【当日(1/25)または無連絡】参加費の100%

お問合せ先

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部(キープ・フォレスターズ・スクール)
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545 
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-3228 E-mail:forester@keep.or.jp
担当:関根 


第60回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)

 日程:2017年2月8日(水)13:30~10日(金)14:00 <2泊3日>
場所:キープ自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
講師:津村 俊充(つむら としみつ)<南山大学名誉教授、JIEL代表理事・所長>
   鳥屋尾 健(とやお たけし)<公益財団法人キープ協会環境教育事業部課長>

inter16121.jpg inter16122.jpg

 「伝える」と「伝わる」は違う、とよく言われます。一方的に「伝える」だけなら簡単かもしれませんが、相手にきちんと「伝わる」ように伝えることは、意外とむずかしい!
だから、私たちはいつも、伝えたいことが伝わるように、様々な工夫をして「インタープリテーション(伝える活動)」を行っています。
どうすれば、伝えたいことや思いを相手にしっかり届けられるのか?
じつは、そのヒントが「体験学習法」の中に沢山あるのです!
体験学習法は、「体験=今ここでおきていること」に注目し、「体験を学びにつなげる」学習法です。
この方法を学ぶことは、あなたのインタープリテーションをより豊かに、より深いものに、そして、相手により伝わるものにしてくれること間違いなしです!
体験学習法とインタープリテーション、両方の視点から、「伝わる伝え方」について、一緒に学んでみませんか?

 インタープリテーションとは

・「単なる情報の提供ではなく、直接体験や教材を通し、 事物や事象の背後にある意味や関係を明らかにすることを目的とした教育活動」(フリーマン・チルデン:『インタープリテーション入門』」より)

「清里インタープリターズキャンプ」は、

・環境省「環境教育の人材育成・人材認定等事業」に登録されています。
  https://edu.env.go.jp/reg/detail/de_10.html
・環境省「体験の機会の場の認定」を受けています。
  https://edu.env.go.jp/system/state_opportunity.html 

こんなことが学べます!

・インタープリテーションの基本的な考え方と技能
・体験学習法の基本的な考え方と活用法
・相手に伝わるための伝え方とは 

こんな人にオススメです!

・自分の伝えたいことや思いを相手にしっかり届ける方法に 興味がある方
・人と関わる仕事に興味のある方、または携わっている方
・インタープリターや環境教育の仕事に興味のある方、または携わっている方
・インタープリターとしての自分の幅を広げたい方
・「伝えることでこんな世の中になったらうれしい!」という思いのある方 

特典

・清里のとても美しい冬景色
・地産地消の美味しいお料理
・様々な人との出会いと繋がり 

 スケジュール(予定)

<1日目:体験学習法とインタープリテーションを知る!>
・開講式、研修のウォーミングアップ
・実習:インタープリテーションを体験しよう!<自然体験プログラム>
・講義:体験学習法とは①
・自己紹介、研修の目的について共有する時間
・講義:インタープリテーションとは

<2日目:実際に「伝える」をやってみる!>
・講義:体験学習法とは②
・実習:実際に伝えてみよう!インタープリテーション実習
・実習:インタープリテーション実習をふりかえる
・講義:伝わるための「伝え方」とは~体験学習法とインタープリテーション両方の視点からみる~
・実習:インタープリテーションを体験しよう!②(オプション)<夜のお散歩ナイトハイク>

<3日目:伝わるための「伝え方」を考える>
・実習:インタープリテーションを体験しよう!③(オプション)<朝のお散歩ガイドウォーク>
・補いの講義&質疑応答 ~伝わる「伝え方」にするために~
・キャンプのふりかえり&わかちあい
・閉講式

講師紹介

<津村俊充(つむら としみつ)>tsumura.jpg
南山大学名誉教授/一般社団法人日本体験学習研究所代表理事・所長

徳島県徳島市出身。名古屋大学大学院教育心理学専攻博士課程前期修了。教育学修士。日本教育心理学会学校心理士。教育現場や組織開発への体験学習の導入・普及に関心をもつ。マサチューセッツ大学教育学大学院にてセルフサイエンスを学ぶ。同時にNTLにてラボラトリーメソッドによる体験学習のトレーナートレーニングを受ける。
ラボラトリー方式の体験学習は、人と関わる仕事をされている方にはとても大切な学び方であるとともに、人間のありようを示してくれる哲学です。自分の中に起こるプロセス、人と関わる時に起こるプロセス、グループの中で起こるプロセスなどに目を向け、そのプロセスから学び、
そのプロセスの中でどのように生きることができるのかなどを、学ぶ人とともに考えていく場づくりの支援をしたいと考えています。

★おもな著書
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2014年)編著、
『プロセス・エデュケーション~学びを支援するファシリテーションの理論と実際』(金子書房、2012年)著、
『ファシリテーター・トレーニング 自己実現を促す 教育ファシリテーションへのアプローチ』(ナカニシヤ出版、2010年)編著、
『人間関係トレーニング第2版~私を育てる教育へ 人間学的アプローチ~』(ナカニシヤ出版、2005年)編著 
その他多数

★体験学習に関心ある方は
JIEL Web: http://www.jiel.jp
JIEL所長のつぶやき http://jiel.jp/blog-manager/
つんつんのFACEBOOK https://www.facebook.com/toshimitsu.tsumura

★講師からのメッセージ
現在、ESD(Education for Sustainable Development)に関わる人々の支援に関心をもっています。環境教育もその一つですが、広くは次の世代につながりを創ることがESDの根源的な考えだと考えています。ぜひ、自然体験、環境教育に関わるみなさまに、「ラボラトリー方式の体験学習」の考え方に触れていただき、ESDのスペシャリストになっていただくことを願っています。ご参加をお待ちします。 

<鳥屋尾 健(とやお・たけし)>toyao.jpg
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 課長/山梨県地球温暖化防止活動推進センター事務局長

愛知県出身。山梨県に引っ越してきた学生時代から周囲の人の影響で、木の姿を見たり、いろいろな生き物の痕を探したりする森の楽しみ方を少しずつ覚え、森遊びが好きになる。教員経験等を経て、2000年より、子どもからシニア層まで様々な年齢層を対象とした、自然遊びや研修会、癒しのプログラム、大小イベント、国際系プログラム、田んぼの学校、事務局業務等、様々な事業を企画担当。愛・地球博ではインタープリターチーム長を担当した。2015年度より新たに山梨県地球温暖化防止活動推進センターの運営も担当。
『インタープリター・トレーニング』(ナカニシヤ出版、2014年)共著。人生のキーワードはいい意味での「いい加減」と人と社会の「お役にたつ」。そのためには、自分自身がいい状態であることが大前提と思っている。自分と自分とつながる人、みんながハッピーな社会を目指す親バカな40歳。

★講師からのメッセージ
人がどんな出会いや機会の中で学んでいくのか。学生時代から20年ずっと追いかけ続けているテーマです。体験学習法」は、その学びのあり方に多くの刺激をいつも与えてくれます。津村先生とみなさんとどんな相互刺激でどんな場がうまれるかとても楽しみです!

開催概要

・主 催/公益財団法人キープ協会
・後 援/環境省、文部科学省、林野庁、山梨県 
・日 時/2017年2月8日(水)13:30~10日(金)14:00 <2泊3日>
・場 所/キープ自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
・対 象/16歳以上一般(インタープリターに興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般42,000円、学生36,000円(税込、宿泊食費込)
・割引/【早割】1/25までにお申し込みの方:3,000円引 
    【家族割】ご家族で参加の場合:1名につき1,000円引
    【30周年記念割】30周年記念割券をお持ちの方:申込みの際にお申し出ください
     【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引

 

 お申込み後1週間以内に、お申し込みをお受けしたことをお知らせいたします。
★プログラム開催の2週間前頃に、詳しいご案内資料(事前資料)をお送りいたします。
★個人情報は本プログラムの運営及び、キープ協会からのご連絡やご案内を目的に利用します。 

キャンセル規定

事前資料がお手元に届いてからキャンセルされる場合は、下記のキャンセル料をいただきます。やむを得ない事情で、キャンセルされる場合には、必ずご連絡ください。
 ・資料が届いた日~2/1:事務手数料として1,000円
 ・開催1週間前(2/1)~2日前(2/6):参加費の25%
 ・開催前日(2/7):参加費の50%
 ・当日(2/8)、及び無連絡の不参加:参加費の100% 

お問い合わせ

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部キープ・フォレスターズ・スクール
  〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
  Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-2990
  E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:小野 明子(おの あきこ)


第61回清里インタープリターズキャンプ (時間・空間・場のデザイン)
~ノウハウ満載!!キープ流デザインに学ぶ~  

全国津々浦々で様々なイベント企画や施設運営がされていますが、みなさんは、満足いくものが作り出せていますか?
「何か物足りない」「うまく伝わらない」「全体の雰囲気がどこか落ち着かない」そんな悩みを解決します!
今回は、キープ協会が30年以上に渡り積み重ねてきた、環境教育のイベント企画や施設運営に関わる「時間・空間・場のデザイン」について、キープ流のノウハウを体験しながら学んでいただければと思います。

inter1701.jpg

【日時】2017年2月27日(月)13:30~3月1日(水)14:00
【場所】キープ自然学校(公益財団法人キープ協会/山梨県清里高原)
     ★男女別相部屋
【講師予定】:増田 直広(公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 事業部長)
        関根 健吾(公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 課長)
【参加費】一般34,000、学生30,000円(宿泊食費込、税込)
     ※2/13(月)までにお申し込みの方は3,000円引 
【対象】 16歳以上一般
【定員】 30名(先着順)
【後援】環境省/文部科学省/林野庁/山梨県
【主催】 公益財団法人キープ協会

 


★個人情報は本プログラムの運営及び、キープ協会からのご連絡やご案内を目的に利用します。<

お問い合わせ

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
キープ・フォレスターズスクール  担当:佐藤陽介 

 

 


taiken_list_05.png taiken_list_06.png