講演会 "ヤマネ調査員が見た森" おしらせ (2019-11-27)

清里はグッと気温が下がり、
毎朝の布団の中でのまどろみが幸せな季節がやってきました。
森のヤマネたちも冬眠に向け本格的に眠りのシーズンです。
これから半年間も眠り続けるのですから、その暮らしぶりには驚かされますね!

さて今回は、不思議なヤマネに関する、講演会のお知らせです!

北杜の里のホントの自然2019 チラシ.jpg



◆北杜の里のホントの自然 2019◆
  ヤマネ調査員が見た森~ヤマネと北杜市に暮らす小さな動物たち~
  *日時:2019年12月11日(水) 13:30~15:30
  *場所:北杜市明野総合会館2F 会議室
  *講師:饗場 葉留果氏 <やまねミュージアム・博士(農学)>
  *料金:無料・申込み不要
*詳細はこちら→北杜の里のホントの自然2019 チラシ.pdf

 

北杜市内で身近な動物といえば、シカやフクロウ、キツネなど…
では、もっともっと小さな動物たちは、どんな暮らしをしているのでしょう?
彼らの暮らす北杜の自然は、どんな現状なのでしょう?
ヤマネ一筋十数年、日々森を歩き、調査し、肌で感じ、みつめ続けてきた饗場研究員が、講演致します。

 

調査員風景.jpg

皆様のご来場、心よりお待ちしております!

 

やまねミュージアム