●○●『野生動物の歩道橋』●○●講演会のお知らせ (2016-10-20)

みなさま、こんにちは。やまねミュージアム館内スタッフの齋藤です。

本日は、東京でのイベントのお知らせです。

樹上動物の横断のために、車道上に架ける橋、アニマルパスウェイ。

やまねミュージアム館長の湊と研究員の岩渕、饗場は長年この開発と普及に携わってきました。

今回は海外から、第一人者を招いての特別講演、パネルディスカッションなど盛りだくさんの内容です。

館長の湊と、研究員の饗場も登壇します!

樹上世界という、私たちでは想像しきれないスケールに棲む動物たちの視点を体感し、

これからを一緒に考えてみませんか?ご参加お待ちしております。

IMG_3632 リス@ハリス.jpg

 

・ホームページはこちら

http://www.animalpathway.org/ 

 ・facebook では…
  「一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会」
    ※「いいね♪」お願いします

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
   ●○● 第2回 広げよう『野生動物の歩道橋』●○●
         ~コリドーで繋ぐ森と命~

 ◇ 日 程:2016年11月22日(火)13:00~18:00
 ◇ 場 所:TEPIA(高度技術社会推進協会)ホール 4階
         (東京都港区北青山/外苑前)
 ◇ 参加費:無料(事前申し込み・先着順)
 ◇ 主 催:一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会 ほか
 ◇ 共 催:公益財団法人 キープ協会/ロードエコロジー研究会/
       一般社団法人 北海道開発技術センター/道路生態研究会
             
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●概要
 ★ 以下に関する情報を共有し、生物多様性の保全を検討する会です。
  ・道路や開発による森林の分断・孤立の影響
  ・アニマルパスウェイなどの対応策の開発・普及
  ・パスウェイなどの取り組みを利用した教育
 
 ★ 海外から2名のゲストをお招きし、我が国の現状と対比し
  より一層の進展のための情報共有と意見交換を行います。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●基調講演
 ★ Rodney van der Ree 氏(メルボルン大学)
       世界の野生生物と交通をとりまく現状をまとめた
   「HANDBOOK OF ROAD ECOLOGY」の編者

 ★ Ian White 氏(Peoples Trust for Endangered Species:PTES)
    アニマルパスウェイを英国で実現させた、
    自然保護団体の研究者

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●スケジュール(予定)
  13:00 開会式
  13:15 基調講演(Ian White 氏)
      「英国における樹上性動物用ブリッジ:ヤマネが道路を
       横断する方法」
  14:00 基調講演(Rodney van der Ree 氏)
      「樹上性野生動物のために樹冠世界を再びつなぐ」
  14:45 講演:「生息地分断化がネズミの個体群の遺伝的多様性に
          与える影響」 
  15:05 講演:「ニホンリスと森林-千葉県における生息の変遷
          調査の事例から 
  15:40 報告:「「野生生物と交通」研究発表会15周年記念事業
          野生生物と交通:エコインフラと道路の安全性に
          関する国際シンポジウム開催報告
  16:00 事例紹介:「①道路生態研究会の取り組みの紹介」
           「②高速道路における動物移動経路確保の事例」
  16:20 事例紹介:アニマルパスウェイの実施事例及び国際発信連携
  16:45 パネルディスカッション
  18:00 閉会  

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●お問合せ先
 一般社団法人 アニマルパスウェイと野生動物の会
   E-mail:info@animalpathway.com
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+