冬眠ヤマネ展示、引き続き公開中です! (2016-01-26)

みなさま、こんにちは。

先週の大雪でやまねミュージアムの周りも一面雪に覆われましたが、

スタッフがコツコツと雪かきをし、車道からの通路を整えました。

大雪の後も、通常通り、開館しています。(毎週月・火曜は休館)

森の積雪は50センチといったところでしょうか。

森に棲むヤマネは、落ち葉の下や朽木で眠るので、

この雪がいい保温材料になっているといいのですが…。

 さて、12月に公開を開始した冬眠ヤマネ展示は、引き続き順調に公開中です。

体を丸めてくうくうと眠るヤマネは本当に可愛らしく、中には雪の中を、

「本物のヤマネがどうしても見たくて!」とご来館くださるお客様もいらっしゃって、

私たちも本当に嬉しくなります。

このミュージアムの特徴は、カウンターに立っているスタッフが、

インタープリター(自然解説人)であることです。

ヤマネのこと、自然のことが大好きなスタッフばかりですので、

ヤマネを見た感想、不思議に思ったことなど、お気軽にお声かけください。

 雪がたっぷり降りましたので、ミュージアム周辺では、スノーシューやそりなどの雪あそび、おなかが

空いたら、近くのファームショップ冬季限定メニューなど、冬ならではの魅力も満喫していただけます!

 2016年1月26日現在、須玉インターから清泉寮へ向かう国道141号線はほぼ除雪されています。

清泉寮前の通りは除雪後も雪が残っていますので、お車でお越しの際はスタットレスタイヤか

チェーンを履いていらしてください。

※ヤマネが突然目覚めた場合は展示を一時中止します。最新の情報はお出かけ前にお電話でお確かめください※

★冬だけ会える森の妖精・ヤマネ。その姿をこの冬にぜひご覧ください★