山梨学院短期大学と包括的連携協定を締結しました (2017-03-06)

 環境教育、食と健康、地産地消の推進等で連携

3月3日、公益財団法人キープ協会と山梨学院短期大学は、山梨学院クリスタルタワー7階広報スタジオにおいて包括的連携協定締結調印式を行いました。協定は、地域の課題解決・豊かな地域社会の創造・発展に寄与することを目的にしており、キープ協会と山梨学院短大が持つ知的・人的・及び物質的資源を活用しながら、包括的連携協力を進めることとしています。公益財団法人キープ協会理事長の淺田豊久、山梨学院短期大学山内淳子学長が協定書に調印、交換しました。

20170306.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <連携・協定内容>

1. 自然の保護・活用など環境教育に関すること
2. 「食と健康」に関する研究・教育に関すること
3. 地域の特性を生かした農業の振興、地産地消の推進に関すること
4. 前各号に掲げるもののほか、その目的を達成するために必要な活動等に関すること
5. その他

<平成29年度に予定している実施内容>

1. 4月に清泉寮などキープ協会の各施設で行う「山梨学院短期大学新入生オリエンテーションセミナー」において、学生を対象にした「食と健康・環境教育」を実施する
2. ジャージー種のミルクに関する研究及び同ミルクを利用したレシピ開発(4月以降予定)
3. その他

山梨学院ニュースファイル http://www.yguppr.net/170303ygjc_main.html