レクチャーシリーズ第2弾、日程変更のお知らせ (2015-10-28)

公益財団法人キープ協会主催で、東京・ 聖心女子大学キャンパスを会場に開催しているレクチャーシリーズ第2弾ですが、第11回レクチャーにつきまして、当初開催予定の12月1日から2016年1月15日開催に日程が変更となります。今後開催予定は第11回と第12回のあと2回ですが、大勢の皆様のご来場を心からお待ちしています 

●主催: 公益財団法人キープ協会
●会場: 聖心女子大学キャンパス 宮代ホール (〒150-8938 東京都渋谷区広尾4−3−1)
東京メトロ日比谷線「広尾駅」(2番「天現寺橋(聖心女子大学)方面」出口)下車 徒歩約3分
 アクセスマップ https://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/
*大学主催のイベントではありません。会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください。
●時間:19:00~21:00       
●定員: 250名/回      
●受講料:¥2,000/回
●お申し込み:
清里聖ヨハネ保育園まで、e-mailまたはFAXにて下記の事項を明記の上お申し込みください。
①ご氏名/ ②ご所属または職業/ ③連絡の取れる電話番号/ ④参加ご希望の回
e-mail: nursery@keep.or.jp     FAX: 0551-48-2557 

 

<第11回:2016年1月15日(金)>
※ 第11回の日程が12月1日から1月15日に変更になりました。

ゲストティーチャー:  汐見 稔幸 さん (教育学者/白梅学園大学・短期大学学長)
ゲストスピーカー:   山中 貞行 さん (材木問屋/山梨の木で家を作る会)
               松本 健太郎 さん (映像ディレクター/㈱すずまる専務取締役)
              栗原 茉莉香 (保育士/清里聖ヨハネ保育園)
『 地域の木で 保育園を作るということ』

「この地域の木で作りたい!」ヨハネ保育園の園舎を建て替える時に、私たちが強く願ったことでした。エネルギーのこと、経済のこと、学べば学ぶほど、それは豊かさや幸せや愛着と確かにつながっていると感じました。しかし、実際にそれを進めてゆくには、難しいことがたくさんありました。全てが叶ったわけではないことも含めて、周りの森の木を使って保育園を作るというトライアルの過程を撮った6本のVTRとこのプロジェクトに関わった人の言葉を交えながら、汐見さんにまとめていただくシンポジウム形式のレクチャーです。

<第12回:2015年12月7日(月)>
ゲストティーチャー: 湊 秋作 さん (動物学者/やまねミュージアム館長/関西学院大学教育学部・教授)
『 森のねぼすけが 教えてくれること 』

キープ協会の森の中に「やまねミュージアム」という可愛らしい建物が建っています。天然記念物のヤマネの生態を紹介したり研究を行う施設です。その館長であり、ヤマネの研究者であり、元小学校教員でもあり、大学で教鞭をとられ、調査や学会で文字通り世界を駆けまわる湊さん。今回は、湊さんとヤマネの出会いから、森に棲むちいさな動物たちの不思議さや愛らしさ、ヤマネたちの歩道橋であるアニマルパスウェイ等、ちいさな動物から私たち人間へのメッセージを伝えるメッセンジャーとして湊さんに登場していただきます。