ふるさと歴史公園【小淵沢町】

~小淵沢町の郷土資料館を中心としたスポット地区~

 google mapが表示されない場合はこちらのイラストマップをご利用ください

郷土資料館

主に、農業(稲作・養蚕)を中心とする生産用具、衣食住を中心とする生活用具、町内より発掘された土器などの考古関係物が展示されています。

旧平田家住宅

郷土資料館に隣接して、旧平田家住宅があります。この住宅は、小淵沢町松向字杉ノ木平らにあった江戸時代中期(元禄時代、約300年前)の建物で、県内最古の民家のひとつでもあります。

平田家は、武田家臣であった山田但馬守の子孫と伝えられ、江戸時代には松向村の名主を勤めた旧家でもありました。

建物の間口は約20m、奥行約11m、建坪は約60坪の茅葺、入母屋(いりもや)造りの大きな住宅です。平成元年には国指定の重要文化財になりました。

郷土資料館(旧平田家住宅)

電話:0551-36-2142