夏も本番! (2017-08-13)

日本全国、夏休み真っ最中!
清里高原にも賑やかな楽しそうな声が響いています。
その声に呼応するかのように、夏の花々も咲き誇っています。


s-IMG_1296.jpg
八ヶ岳自然ふれあいセンター前の木陰に、アサマフウロが咲きました。
鮮やかな色合い、陽気に笑っているように花びらを開いています。


s-IMG_1260.jpg
ゲンノショウコもたくさん咲いています。
顔を近づけて観察すると、その繊細な模様や花の造りに驚きます。


s-IMG_1194.jpg
チダケサシもまだ見ることができます。
きのこのチダケを収穫した後でこの茎に刺して持ち帰ったことから
名づけらた名前です。


s-IMG_1294.jpg
清里高原に多いミズナラにも、ドングリの姿が見えるようになりました。
へぇ~!ドングリってこんな風にできるのか~!と、お客さまが
じっくり観察されている様子を見かけます。

そのほかにもリョウブ、ノリウツギ、コバギボウシ、ツユクサ、ワレモコウ・・・と、
色とりどりの花が風にゆれています。
例年、お盆を過ぎると急に風が秋らしくなります。
暑さが残るうちに咲きたい!と、夏の花々のラストスパートが始まりました。

八ヶ岳自然ふれあいセンターでは、虫アミや虫カゴの無料貸し出しも行っています。
双眼鏡や図鑑、虫メガネもあります。
興味や不思議を見つけたら、すぐに観察したり調べたりすることができます。
スタッフもお手伝いできるかもしれません。
ぜひ、カウンターで声をかけてみてくださいね♪