雨の恵みをうけて (2017-07-01)

雨の少ない梅雨シーズンが進んできましたが、
ようやく恵みの雨を受けて、葉っぱがみずみずしく光り、
森の土はしっとりと水分を蓄えています。

s-IMG_0971.jpg
清里でも、今はヤマボウシが目立ちます。
花びらのように見える4枚の総苞片の真ん中に集まっているのが花のつぼみです。
花言葉を調べてみたら、「友情」。
落ち着いた印象のある姿で、街路樹にもよく見られます。
秋になると赤い実をつけますので、季節の移り変わりに沿って鑑賞することができます。


s-IMG_0960.jpg
セイヨウノコリギソウが咲きました。
繊細な葉っぱをつけ、風が吹くとゆらりゆらりと揺れています。


s-IMG_1035.jpg
グリーンカーテン用に苗を植えた花豆(ベニバナインゲン)に、つぼみがつきました。
どんどん膨らんで、開花した様子をまたお伝えしたいと思います。


清里高原も、本格的な夏に向かってじわりじわりと季節が進んでいます。
ここ数日の最高気温は18℃くらい、最低気温は12℃くらい。
まだ長袖でもよさそうな気温です。
お出かけの際のご参考になさってください。