すがすがしい森を歩く (2016-12-18)

ヤマネも冬眠を始める気温が続き、森はいっそう静かになってきました。
木の実も落ちて、草も枯れ、土も凍結をするこれからの季節、
森のいきものたちにとっても厳しい季節です。


s-IMG_0087.jpg
落葉が積もった自然歩道をサクサク・・・と歩く音が心地よく、
葉っぱにさえぎられることなく降り注ぐ太陽の光に心も体もあたたかくなります。

この森のどこかで、もしかしたら目の届く場所でも、
ヤマネが丸くなって冬眠しているかもしれません。


s-IMG_0086.jpg
葉っぱのある時には見えなかった山並みが、青空に映えています。
真っ白な八ヶ岳は光をまぶしく反射させ、稜線の険しさもはっきりと見えます。
下を向いてばかりいては気付きませんが、ふと歩みを止めてみると、
深呼吸したくなるような大きな自然に心が洗われる思いです。


日中の気温も氷点下になる日が増えてきていますが、
それでもこうしてお日様の恩恵を浴びる日は、まだまだのんびり散策できます。
しっかりと防寒着があれば、冬の森はこうしてすがすがしい時間を
私たちにプレゼントしてくれます。

今日現在、冬タイヤがなくてもお越しいただけます。
気温や道路状況に不安な場合は、お出かけ前にお問い合わせください。


山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
TEL : 0551-48-2900