台風の後・・・ (2016-09-21)

大型台風が、各地に爪あとを残しています。
ニュースで報道しきれない被害も多くあるのではないでしょうか。
心よりお見舞い申し上げます。

あらためて自然の力の大きさを思い知らされます。

昨夜に山梨県に接近しながら過ぎて行った今回の台風16号ですが、
今日はスタッフが手分けして自然歩道の状況確認に行ってきました。

s-IMG_3939.jpg
自然歩道は、長靴で歩けばぴちゃぴちゃと楽しい小川になっていました!
ずっと続いている雨で、森の土の吸水能力もなかなか追いつかないのでしょう。

流されてきた落葉が層になって石に引っかかっていました。
どれくらいの力で、どこから流されてきたのでしょう。

ふれあいセンター周辺の自然歩道の中は、大きな倒木もなく、
長靴であれば歩くことができます。
それでも、滑りやすいぬかるみや水たまりは不安定なので、
十分に注意して歩く必要があります。


s-IMG_3941.jpg
まもなく盛りを終えるアザミの花びらにも雨粒が光っています。
このアザミは、水たまりの上に顔を出すように咲いていました。

雨は、時には惠みの雨となり、時には色々なものを流し去ってしまうこともあり、
また時にはこうして美しい光景を見せてくれることもあります。
受け止め方は私たちの状況によってさまざまです。
立ち止まって振り返ると、森の木々が葉先から雨水をしたたらせながら
呼吸をしている感じが伝わってきました。

森は、自然は、生きている。

畏怖の念がこみあげてきました。