秋の空高く・・・ (2015-09-11)

大雨が続き、被害を受けた地域の皆さまにお見舞い申し上げます。

テレビのニュースで、「自然の力にはかなわない」と仰っている方を見ました。
自然は、美しさやかわいらしい姿だけでなく、強大で厳しいものであることが
あらためて心につき刺さってきます。


雨が降り続いた清里も、久しぶりに青空が広がりました。
みんなが空を見上げ、大きく息を吸い込み、ほっとした表情になりました。

s-富士山笠雲.jpg
たなびく雲の向こうに見えた富士山。
不安定な気候が何週間も続き、遠くが見通せないという不安な気持ちでしたが、
こうして変わらない富士山の姿を見ると、自分の立ち位置までも再確認することができます。
富士山はやっぱり日本のシンボル!と感じる瞬間です、


s-サルナシ.jpg
近くの森に目を移すと、木の実が出来始めています。
サルナシの実、見つけられますか?
キウイフルーツの原種です。
今年は花もたくさんついていたので、森の生き物たちにとっては
豊かな実りが期待できるかもしれません。


s-ホコリタケの仲間.jpg
足元にも秋ならではの世界が見つかります。
これはホコリタケの仲間。
その他に、森の中ではタマゴタケやホウキタケなどにも出会えます。
色づき始めた木々の葉もあり、木の実と合わせて秋の到来があちらこちらに
見られます。


散策が気持ちいい季節ではありますが、雨の後の自然歩道は
ぬかるんでいたり、滑りやすくなっている箇所もあります。
歩く装備や自然歩道の状況については、八ヶ岳自然ふれあいセンターに
最新情報をおたずねください。