夏の中にも秋の気配 (2015-08-03)

清里高原では気温が30℃を超える日はほとんどありませんが、
それでも太陽に近い分、夏らしい強い日差しが眩しいこの頃です。

清里高原には、夏と秋の気配が同時にやってきます。
森を見ていると、青々としていて、エゾゼミの声が響き、
空には白い入道雲がモクモク。
子供の頃の夏休みの絵日記に描いたような風景です。

が、ふと足もとを見ると、初秋を知らせる花が咲き始めています。

s-IMG_2252.jpg
ワレモコウが色づき始め、風にゆれています。
ゆら~り、ゆらり。

八ヶ岳自然ふれあいセンターの南側テラス下に群生しているので、
散策の後ひと休みしながら秋のおとずれを見ながら涼んでいただくのも
いいかもしれません。


s-IMG_2251.jpg
マツムシソウも咲き始めました。
マツムシやスズムシが鳴く頃に咲くことから、この名前がつきました。
夕方、静かな時間に耳を澄ますと聞こえてきます、虫たちの合唱が。


s-IMG_2224.jpg
夕焼けもキレイです。
南アルプスの上の空を赤やオレンジ色に染め、八ヶ岳の向こうに沈んでいく
太陽の残像に、明日への思いを馳せます。
こんな時間帯は、牧草地をひとり占め。
とっておきの時間です。


s-IMG_2250.jpg
それでもまだまだ、夏の花たちもキレイに咲いています。
キンミズヒキのはかなさを見ると、そこからもまた元気をもらえます。


八ヶ岳自然ふれあいセンターでは、季節に合わせたクイズラリーを
センター周辺に設置しています。
クスッと笑ってしまう問題や、ちょっと考える問題など、
この季節ならではの問題に、ぜひチャレンジしてみてください♪

清里高原の短い夏の中に、秋の気配を探しにいらしてください。