春を見つけた! (2015-03-19)

春の日差しと春の雨が降り注ぎ、清里高原の雪もだいぶとけました。
道路にも歩道にも雪はなくなり、森の中の木陰に残っている程度になりました。

今日は朝からずっと濃い霧に包まれて、山並みはもちろん、
すぐ目の前の木の姿も見えないくらいに真っ白な世界でした。

でも、すぐ足もとにはこんな春が!!

s-IMG_1668.jpg
ついこの前まで雪でおおわれていた地面に、ずっと息づいていたのでしょう。
まだ明るい彩りのない景色の中で、一段と鮮やかなフキノトウと対面できました!

凍ってカチカチだった地面もとけて、やわらかくなっています。
暦は明日まで「啓蟄」。地中の虫やいきものたちが動き始める季節です。
いよいよ、清里高原も春らしく動き始める気配です。