白とブルーのお天気 (2015-01-22)

大寒真っ只中!
清里の景色も冬真っ只中です!

ところが、一言で「冬景色」といってもこんなに違います。

s-IMG_1519.jpg
ある時は雲ひとつなく晴れ渡り、風もなく穏やかな気温。
八ヶ岳、南アルプス、富士山が迫力満点です!
雪原に飛び込みたくなる衝動・・・いや、実際に飛び込んでしまうのですが(笑)
雪まみれになって笑い転げてしまいます。


s-IMG_1528.jpg
こんな日は動物の足跡もはっきりと残っていて、
「いつ、どこからやってきて、どこへ行ったんだろう・・・?」と推測して楽しんでいます。
小動物の場合は雪の上を沈まずに歩くことができて、足跡も軽やかです。

雪に沈まないといえば、私たちもスノーシューをはけば、雪のある森の中だって
ぐんぐん歩くことができます♪
八ヶ岳ブルーの青空が広がるこんな日は、スノーシューにもってこいの日です。


s-IMG_1532.jpg
ところが、青空が隠れてこんなモノトーンの日もあります。
こんな静かな落ち着いたお天気も、私は大好きです。
耳をすますと雪が落ちる音が聞こえそうなくらい。

新雪の中に足を踏み入れるやわらかさや、自分の足跡を振り返って気づくことや、
木々の枝の形が浮き上がって見えることなど、密かな楽しみが尽きません。


どんなお天気であっても、冬の楽しみ方はいろいろです♪
気持ちをオープンにして、自然からの贈り物を受け止めたいと思います。