新春の冬景色 (2015-01-07)

新しい一年が始まり、清里高原にもきらきら輝く冬景色が広がっています。

s-IMG_1440.jpg
雪が降り積もると、あちらこちらに雪のアートが登場します。
湿気の少ないサラサラの雪は、結晶の観察にもってこいです。


s-IMG_1459.jpg
八ヶ岳自然ふれあいセンター前には、「雪のアート広場」を作りました。
バケツやスコップなどを使って、お客様がさまざまな思いで雪あそびをされています。
昼間は私たち人間が遊び、夜は動物たちが鑑賞に来ているかもしれません。


s-IMG_1461.jpg
清泉寮本館前には、恒例の氷の巨大リースが登場しています。
年末年始は、お正月バージョンの飾りつけでした。
直径2.4m、重さ800kg!
このリースの中から富士山が見える日は、何かいいことがありそうな気がしてきます♪


清里高原は最高気温もマイナスを記録する日が多くなります。
防寒対策と、路面の凍結には十分に気をつけてお出かけください。