吐竜の滝 (2014-12-24)

「吐竜(どりゅう)の滝」は、八ヶ岳や山麓に降った雨が地中にしみこんで
伏流水になったものが岩の間から流れ落ちている滝です。

滝をとりまく景色は春夏秋冬とそれぞれに表情を変え、
いつ訪れても一期一会の出会いがあります。

冬も美しい雪と氷の世界を楽しませてくれますが、2014年12月23日現在の
様子をお伝えします。


s-DSCN4241.jpg
流れの少ないところが少し凍っていました。
もう少し冬が進むと、氷爆の滝を見ることができます。


s-DSCN4247.jpg
川俣川の岩石に雪が積もって、これもまた自然が生み出す美しさです。
水が流れる音に耳をすまして、静かな森を味わうことができます。


八ヶ岳高原道路から吐竜の滝へ下る道は、除雪はしてありますが
道路の両脇に凍結箇所もありますのでご注意ください。
また、駐車場から滝までの散策道には、人が歩いた跡があります。
アイゼンはなくても大丈夫ですが、スニーカーではなく登山靴など
靴底がしっかりしているものをおすすめします。