秋風にゆれて・・・ (2014-09-10)

朝晩の冷え込みに、すっかり高原の秋のおとずれを感じています。
木の実も熟し、葉っぱが色づいている木もあります。

s-IMG_0810.jpg
ミズナラのドングリが帽子の中からこんにちは!


s-IMG_0811.jpg
マツムシソウも涼しい風にゆれています。
マツムシ(スズムシ)が鳴く頃に咲くことからこの名前がついたという説もあります。


s-IMG_0813.jpg
フジアザミ。
トゲトゲした大きな葉っぱに重そうな花をもたげています。
富士山周辺に多く見られることからこの名前がつきました。
日本固有種で、日本のアザミの中では一番大きい花をつけます。

他にも、ワレモコウ、ツユクサ、アサマフウロ、ノダケ、ゲンノショウコ、ツリフネソウなどが
今も咲いています。

今年は例年よりも雨や曇りの日が多いですが、
またこうして秋の花たちに再会できる喜びを感じています。
自然歩道はまだまだ緑のトンネルですが、足もとに咲く花を探しながら
歩きにいらっしゃいませんか?