カラマツの芽吹き (2014-04-14)

雪解けが進み、自然歩道も徐々に歩きやすくなってきました。
まだ少しの間は、長靴をおすすめします。
八ヶ岳自然ふれあいセンターで、長靴の貸出をしていますので
どうぞお立ち寄り下さい。

s-カラマツ2.jpg
葉が茂っていないこの季節は、枝に止まる鳥たちの姿も見つけやすいですね。

八ヶ岳自然ふれあいセンターの周りにもカラマツの木がたくさんありますが、
ついに黄緑色の小さな小さな葉が顔を出し始めました!

s-P1050278.jpg
カラマツが芽吹いてくると、森の景色がふわっと緑色のベールをかぶったように
やわらいできます。

清里高原の春は、まだまだ肌寒い気温が続きます。
10℃を越える日もあれば、最低気温がマイナスになる日もあります。
お出かけの際は、羽織るものがあると安心です。