葉っぱが落ちた木々 (2013-11-15)

清里の紅葉は終わり、森の中は日差しが差し込んで明るくなりました。

これからは冷え込みは厳しくなりますが、青空と夕焼けと星空と、
空を見上げては足をとめることが多くなります。
 

s-P1040694.jpg
今日は雨が降って霧に包まれています。
清泉寮本館ロータリーのポール・ラッシュ博士像も、
霧の向こうの富士山を見つめています。


s-P1040696.jpg
すっかり葉っぱが落ちた木々も、枝のシルエットが見えます。
葉っぱがついていた頃にはわからなかった樹の形は、
この季節にしか観察できない楽しみです。


標高1,400くらいの清里高原は、雨の後は道路が凍結しやすくなっています。
すでに霜柱も出ていますし、雪がちらつくこともあります。
お出かけの際は、道路状況をお確かめください。