雨の後の森は・・・ (2013-07-30)

雨のたびに気温が下がったり、時には蒸し暑さが戻ったりしている清里高原です。

雨の森は敬遠されがちですが、
傘におちる雨音のリズムが心地よかったり、
緑の匂いが濃くわき立っているのを感じたりします。

P1040136.jpg
清里に生えているミヤコザサ。
青々として、雨にぬれてつややかです。
風が吹くとササササササ・・・・・・と葉がすれ合う音が涼やかです。


P1040139.jpg
クマヤナギの実が赤くなってきました。
緑色から次第に赤くなり、夏になると黒く熟していきます。
森の縁に多く見られる木です。


P1040144.jpg
マツヨイグサ(待宵草)。別名、月見草。
夕方に咲いて、朝になるとしぼんでしまいます。
開花の様子を観察していると、つぼみがゆっくり開き、30秒ほどでパッと開花します。
あっという間の出来事です。
あちらこちらで夕方にパッ、パッ、パッ・・・と静かに咲き誇る姿を、
お月様は空から愛でていることでしょう。