エゾハルゼミを探して (2013-06-25)

森を歩くと、頭上ではエゾハルゼミの大合唱。
森全体が共鳴して、セミの声でありながら、まるで森が声をあげているように
錯覚してしまいます。

エゾハルゼミは、その小さな体から想像もつかないような大きな鳴き声に驚きます。

P1040027.jpg
抜け殻は、よくみるとあちこちに見つかります。
一つ見つけられたら、きっとすぐに次が見つかります。

抜け殻を探しながら歩いていると、色々な種類の木の幹の模様の観察にもなります。
へぇ~、ほぉ~、わぁ~と、自然が紡ぎだす模様に目を見張ります。

時には少し離れたところから、時にはぐっと顔を近づけて、森を見てみる面白さを
再発見しました。