ぷっくりふくらんだ芽 (2013-02-27)

清里は、またまた少し雪が降り積もりました。
それでも着実に春が近づいていると感じる瞬間が増えてきています。

葉っぱを落としてじーーーっと寒い冬を耐えてきた木々を
よーく見てみてください。
木の芽がぷっくりふくらんでいます。

P1030393.jpg
これはミズナラの冬芽。
このぷっくりふくらんだ芽の中に、新しい葉っぱが包まれています。
 

P1030392.jpg
葉っぱを落とさずに冬を越す松の木。
葉っぱの真ん中には、新しいマツボックリが育っています。

見渡せばまだまだ冬景色ですが、木に近づいて春の訪れをさがしながらの森あるき。
冬の寒さとは違った空気を味わっていただけるかもしれません。