迎春 (2012-01-02)

新年の清里は、おだやかにはじまりました。

今年はどんなものに出会えるのかな?と思っていたら、
さっそく出会ったものがあるので紹介します。

清里の春はまだまだ先で寒い中、
ひょっこり姿を見せてくれたのはフキノトウ。
気づけはあちこちに、頭がみえていました。
春の訪れ.jpg

フキノトウは人間も食べられる春の山菜ですが、
人間の口に入るよりも先に、
森の動物・・・シカのご飯になってしまうことでしょう。

もう一つ、干支の【龍】にちなんだ動物
【土竜】と書いてなんと読むかご存知ですか?
正解は・・・
もぐら穴.jpg
【モグラ】と読みます。

モグラ塚が、ぽこぽこ続いている姿が
龍に似ているからという説もあります。

写真は、モグラ塚の穴(右)と
凍ってそのまま持ち上がったモグラ塚(左)です。

夏場は盛り上がっている土をそ〜っと
取ってみても穴を見つけることは大変なのです。
しかし土が凍っているので土がいっきに取れ、
どこがトンネルかがすぐにわかりました!

寒くて土も凍る清里、寒いからこそ見られたもの。
寒いからこそ出会えるものを、探しにぜひお出かけください。