紅葉が終わり (2011-10-28)

昨日今シーズン初めて、氷点下を記録しました。
霜が降りたり、薄氷が張ったり。

それでも日中はホカホカして暖かく、
森の中を歩くと木漏れ日がとても心地よいです。

紅葉は終盤です。
葉の落ちた森では、木の実が目立っています。
sDSCF7109.jpg

アオハダの赤い実が可愛いです。
アオハダは雄木と雌木とあるので、雌木になります。

そのほか、ツリバナやツルウメモドキが赤い実で、
同じく目にとまります。
青い実だと、サワフタギがきれいです。
別名、ルリミノウシコロシというだけあって、
瑠璃に似たきれいな色をしています。

冬鳥も、おとといジョウビタキを見ました。
森ではシカたちがメスをしきりに呼んでいます。
清里の森は、冬の足音が聞こえ、
もうすぐ長い長い冬がやってきます。