第9回 道づくり森づくりクラブ レポート 

<  積雪後の遊歩道の安全点検と作業>

日時: 2014年2月12日(水) 10:00~15:00 

 

4日前に降った雪は60cmにもなり「富士山とせせらぎのこみち」は、たっぷりの雪に覆われていました。そこで、今回は急遽、予定の内容を変更し、雪の影響で危険な倒木は無いか、迷いそうな遊歩道は無いか、点検をしながら歩くことにしました。 

michidukuri91.jpg   

   

まずは前回の作業場、リスやネズミのための棲家の様子を確認に行きました。すると…なんと!しかけた5個のドングリのうち1個が食べられていました。どうやら動物達に少しずつ利用されているようです。

その後は、遊歩道上に、折れてかかっている枝がないかどうかを確認しながら歩き、時に遊歩道に傾いている枝を見つけては処理していきます。森の中にも30~40cmの積雪があるので木の根元から切るためには雪を掘る必要があります。この冬はじめての切り方でした。

 

 

 

 

今回は参加者&スタッフ合わせて2名という小数精鋭でしたので、いろいろと人生談義に花が咲きながらの作業になりました(笑)。ランチを食べながら、来年のプランの作戦も練ることができ、とても充実した日となりました。

雪の結晶がとてもきれいに見えました。

 

 

michidukuri92.jpg
michidukuri93.jpg  

 冬芽もだいぶ膨らんできています。 

常に二人で作業をしていたので、なかなか記録写真を撮ることが出来ず…写真が少なめで失礼しました。

さあ!次回はついに今年度の最終回です!!皆さんぜひご参加下さい。