第5回 道づくり森づくりクラブ レポート 

<コメツガサークルを魅力的に>

日時: 2013年10月9日(水) 10:00~14:30 

 

place_event_michidukuri51.jpg   

  

台風の影響か、霧雨が降る中での作業となりました。それでも、森の中はほとんど雨の影響がありません。目的地までの道すがら、実りの秋を味わってみました。ヤマボウシ、ヤマブドウ、アオナシ、サワフタギ・・・。様々な木の実の味や香りが広がります。今回は、コメツガの巨木がある広場を魅力的にするため、カントリーヘッジ(自然素材の柵)を作ることにしました。

 

 

作業手順等の説明の後、まずは準備体操。そして、いよいよ作業に取りかかります。今回は参加者、スタッフ合わせて5名です。森の中、カントリーヘッジの材料になりそうな木を集めます。枯れてしまった木、他の木の影になり成長が難しい木などを切り、広場まで運びます。このことは、森の活性化にもつながります。その後、柵用に枝打したり、杭に使う木を一定の長さに切りそろえます。

 

place_event_michidukuri52.jpg
place_event_michidukuri53.jpg  

 

おおよそ材料がそろった所で、広場の外縁に杭を打っていきます。そこへ枝打ちした木を編み込みます。曲がっている木などは何人かで協力しながら杭の間を通していきます。段々と柵のような形に近づいてきました。右側半分が出来上がり、ここでひと休みです。

 

 

 

思っていた以上に作業がはかどりました。5人で完成させられるか心配でしたが、見事予定より早く完成させられました。広場中心のコメツガも、より際立って見え、何となく嬉しそう。たくさんの人たちがこの広場を訪れてほしいものです。最後は、森の中に佇むキャビンで遅めの昼食やお茶をとりながら、感想やこれからの展望などを語り合いました。

 

place_event_michidukuri54.jpg