prf_banner2017.png
stageprogram.png profilebanner.png
 shuttensha.png  gallery_banner2017.png
parkbanner.png  petbanner.png 
 bowlbanner.png kyousanbanner.png 
 kaijoubanner.png  

 中沢ノブヨシ

アメイジング・グレイス・コンサートnakazawa.jpg
10月15日(日) 15:10

 中沢ノブヨシ(Vocal,Guitar) 羽仁 知治(Piano) 波田野 哲也(Drums) 
松田 肇(Guitar) 坂本 竜太(Bass)

1976年3月15日東京築地生まれ。ニックネームは「GATZ」。小学校入学前より母親が通っていた教会の子供聖歌隊でボーイソプラノを担当。小学校~中学卒業まで、鼓笛隊やマーチングバンドで打楽器を担当。小学校6年の時、教会にあったフォークギターに興味を持ち、その後高校3年まで教会のゴスペル・グループでコーラス&ギターを担当。高校入学後はギター中心のロックバンド一筋だった。 (ガンズ&ローゼス、レッドホットチリペッパー、エアロスミス、ジミヘンドリクス、クイーン等)
1995年、金沢美術工芸大学彫刻学科に入学。主に2つのバンドでギタリストとしてライブ活動をする中でスティービー・ワンダーやカーティス・メイフィールドといったニュー・ソウルや、アース・ウィンド&ファイヤー、ジャクソン・シスターズといったダンス・クラシックなど所謂『BLACK MUSIC』に初めて触れる。またバンドのコミュニケーションを円滑にしたいという思いからベースを始める。 1996年9月、スティービー・ワンダーのライブを見て『自分も歌いたい!』と大いに触発され、プロの音楽家になるべく、大学中退を決意。 1997年、音楽を身近に働ける場所と考え「六本木バレンタイン」でアルバイトを始める。ここで多くのミュージシャンと出会い「バレンタイン」「アルフィー」「PIT-INN」「高円寺ジロキチ」「原宿クロコダイル」等で多数セッションライブを行う。その後、2009年3月~7月のドリカムツアーでは、オープニングアクトとして出演。 

羽仁 知治(Piano)

ピアニスト。自由学園男子部高等科卒業後、プロとしての活動を開始し都内ライブハウス等で演奏活動を経験。またテレビ/映画/ラジオ番組の音楽制作及び出演など、商業音楽分野にて幅広く活躍する。現在までにコンピレーションも含め10作品を超えるCDを発表、2011年2月23日にはWARNER MUSIC INC.からアルバム「Cafe Standard Piano」HANIがiTunes Storeでのダウンロード発売を開始され、iTunes Storeジャズトップアルバムチャートで5位にランクインした。また2015年8月には新宿文化センター大ホールにてソロピアノコンサートをするなどライブも勢力的にしている。最近はHeadHuntersのベーシストPaul JacksonやRUFUSのリーダー、ギタリストのTony Maiden、グラミー賞受賞のシンガーGordon Chambersのジャパンツアーでの共演も好評を博している。

波田野 哲也(Drums)

1978年生まれ。神奈川県川崎市出身。14歳でドラムを始める。高校在学中、リズム教育研究所にてマーチングバンドやドラムセットの基礎である”ルーディメント”を習得する。高校卒業後、MI JAPAN(Musicians Institute)に入学。特待生として在学中にSONY MUSICのプロデューサーと出会い、1997年バンドメンバーとして契約、プロ活動をスタートさせる。 バンド解散後、1998年、当時の所属事務所に在籍していたフライングキッズのボーカリスト、浜崎貴司氏のバンドオーディションに合格し、サポートドラマーとしての活動を始める。同時期、ドラマーズクラブにて、水野オサミ氏に師事し、アランドーソンドラムメソッドを学ぶ。2007年11月、グラミー賞ノミネートアーティストBilly Branch(Vo,Harmonica)の来日公演のサポートドラマーに抜擢、活動の幅を広げ、2011年5月、Chuck Rainey (Bass)と来日公演での共演を果たす。現在は、サポートドラマーとしての仕事をすると同時に、 ふんどしグルーヴ等バンド活動にも積極的に取り組んでいる。

松田 肇(Guitar)

1968年生まれ、北海道出身14歳でギターと出会い19歳よりプロとして活動。1990年渡米、LAで約4年間活動。帰国後は数多くのツアーサポートやレコーディングに参加。自身のバンドSPICY KICKIN'で3枚のアルバムをリリース。

坂本 竜太(Bass)

10歳でドラムを始め、中学でベース・ギターを弾き始め、17歳で博多に渡り多数のバンドで活躍。21歳で再び上京しプロとしての活動を開始。様々な著名なアーティストとのコラボレーションを重ね、ポップスからジャズ、HIP-HOPまでジャンルを問わず多彩な才能を発揮し、国内の音楽シーンを揺さぶり続け、"グルーヴ番長"の異名をとる卓越したプレイで、クリエイティブな音楽活動を続けている。

 オフィシャルサイト

中沢ノブヨシ:http://nakazawanobuyoshi.jp/
羽仁 知治:http://tomoharuhani.syncl.jp/
波田野 哲也:https://www.facebook.com/tetsuya.hatano.395
松田 肇:http://www.spicykickin.com/
坂本 竜太:http://www.ryutasakamoto.com/
 

 平井 千尋

アメイジング・グレイス・コンサートhirai.jpg
10月14日(土)15:40

 平井 千尋(Vocal) 後藤 綾太(Guitar) 織原 洋子(Keyboard)

北杜市出身アーティスト。幼少期からTHE BEATLESを聞き育ち、ADELE、KT Tunstall、Amy WinehouseなどUK音楽に影響を受ける。大学で演劇に目覚め、その後も演劇活動を経て、様々な表現者やジャンルと触れ合う事になった。
表現を追求する中で、”歌”を歌う事に興味を持ち始め、2014年全国から応募を募った舞台主題歌オーディションにて、初めてのシングル全国リリースを果たす。東京を拠点に活動しつつ、地元山梨で行われるイベントやラジオにも積極的に出演を重ねる。2015年初アルバム「愛の果てに」をリリース。2017年7月にセカンドアルバム「NEW ( )HELLO」を発売。

 オフィシャルサイト

平井 千尋:http://chihirohirai.jp/
後藤 綾太:https://www.facebook.com/510ryota
織原 洋子:https://ameblo.jp/yokochoco/

 若尾バレエ学園

ピクニックコンサートwakao2017.jpg
10月14日(土) 10:40/12:50 10月15日(日) 10:40/12:50

1955年、山梨県甲府市にバレエスタジオを開設。クラシックバレエの発展に尽くす。
山梨県民の心を潤す芸術活動は、古典バレエに始まり、こどものための創作バレエを制作。また、公的活動としては、植樹祭、育樹祭、山梨県の芸術祭等に積極的に参加。
2014年、創立60周年記念フェスティバルがコラニー文化ホール(山梨県 甲府市)で盛大に行なわれた。芸術の秋にふさわしい、清里の舞台を是非お楽しみください。

カルテット・ミラージュ

 ピクニックコンサートⅢ
10月14日(土) 13:40

松原 孝政(ソプラノ・サクソフォン)matsubara.jpg

昭和音楽大学卒業。A.Reed音楽祭ソロ・コンテストに最年少(16歳)で入選。第2回東京室内楽コンクール入選。第16回日本管打楽器コンクール第3位入賞。東京文化会館オーディションに合格。「トリオ・リベルタ」「The Wind Wave」メンバー。2003年、映画音楽「シンフォニック・フィルム・スペクタキュラー」をソリストとして日本フィルハーモニー交響楽団と共に収録。また2005年には初のソロCD「Crusing」をリリース。他CD多数。またCM・ドラマ・映画などのスタジオレコーディング等にも参加。昭和音楽大学、上野学園大学、KEI音楽学院講師。

波多江 史朗(アルト・サクソフォン)hatae.jpg

東京音楽大学、同大学研究科修了。パリ国立高等音楽院を一等賞、セルマー賞を得て卒業。ポーランド・ザブジェ国立管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、大阪交響楽団、他と共演。NHK芸術劇場、FM名曲リサイタルに出演。ソロアルバム「Songs」をCAFUAレコードよりリリース。著書「朝一番! アルトサックス練習帳」をシンコーミュージックより出版。木管8重奏団「Take8」メンバー。東京音楽大学、尚美ミュージック・カレッジ専門学校講師。

松井 宏幸(テナーサクソフォン)matsui.jpg

埼玉県出身。埼玉栄高、東京芸大卒。須川展也門下生。「東京佼成ウインドオーケストラ」「MUSIC PLAYERS おかわり団」「須川展也サックスバンド」のメンバーとしても、全国各地で演奏活動を行っている。2014年、東京フィルハーモニー交響楽団のワールドツアーに参加。東京文化会館新進演奏家オーディション合格。第8回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位。第22回日本管打楽器コンクール第5位。洗足学園音楽大学講師。ビュッフェグループジャパン専属講師。

田中 拓也(バリトンサクソフォーン)tanakatakuya.jpg

東京藝術大学音楽学部および同大学院修了。第25回日本管打楽器コンクール第1位、並びに特別大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。第6回アドルフサックス国際コンクール入賞。優秀学生顕彰事業大賞受賞。東京藝術大学在学中アカンサス賞受賞。ブルーオーロラ・サクソフォンカルテットのアルト奏者として3枚のCD、冨岡祐子氏とのサクソフォンDuoでのCD「Ars」をリリース。サクソフォンを佐々木雄二、原ひとみ、平野公崇、冨岡和男、原博巳、の各氏に、室内楽を中村均一、林田 祐和、の各氏に師事。洗足学園音楽大学非常勤講師。 

 北の杜吹奏楽団(きたのもりすいそうがくだん)

ピクニックコンサートⅢkitanomori2017.jpg
10月15日(日) 13:40

北杜市にも市民吹奏楽団を…。平成19年、そんな吹奏楽愛好家達の熱意から北の杜吹奏楽団は結成され、今年で結成10周年を迎えました。現在団員は35人程で、年齢は20代から60代と幅広く、仕事や学業、家事の合間に練習を重ね、北杜市が明るく楽しい音楽に包まれるよう日々練習しています。
主な活動として、平成19年から毎年白州町文化祭に参加、平成22年から毎年定期演奏会を開催しています。平成23年に北杜市から演奏依頼を受けたことをきっかけに、毎年クリスマスコンサ-トin北の杜を開催しています(今年は12/10(日)に八ヶ岳やまびこホ-ルで開催します)。その他のイベントとしては、北杜市白州の里名水まつり、北杜ふるさと祭りなど地域のイベントにも積極的に参加しています。これからも地域の皆さんと一緒に楽しい音楽活動を続けて行きたいと考えています。
北の杜吹奏楽団では団員を募集しています。楽器の演奏経験がある方で、吹奏楽を楽しみたい方は是非一度練習を見に来てください。どのパ-トでも熱烈歓迎です! 詳しくはHPをご覧ください。

 オフィシャルサイト

北の杜吹奏楽団:http://kitanomoriwind.web.fc2.com/

 立教大学体育会応援団チアリーディング部

チアリーディングcheer2017.jpg
10月14日(土) 10:00/15:00 10月15日(日) 10:00

私たちは立教大学体育会応援団チアリーディング部です!私たちは、現在総勢56名で活動しており、アメリカンフットボール部を始めとする、様々な部活の試合に足を運び、立教大学の勝利のために応援活動を行っています。
中でもアメリカンフットボールは、立教大学に縁のあるポール・ラッシュ博士が日本での普及に大きく貢献したこともあり、多くのお客様に応援を楽しんで頂くことが出来るように、毎度全力を注いで応援に取り組んでいます。
今回は、そんな関わりの深いポール・ラッシュ博士への感謝を表すためにも、私たちチアリーディング部が楽しく可愛い演技をお届けします!お客様にも元気になって頂ける演技となっておりますので、是非、手拍子を交えて一緒に盛り上がってください!

 オフィシャルサイト

立教大学体育会応援団チアリーディング部:http://www.rikkyo.ne.jp/~z4000038/cheerHP2013/cheer_home.html

 SHIME(Vocal&Guitar)

ハーベストライブSHIME.jpg
10月14日(土) 12:20 10月15日(日) 14:20

熊本出身。小学5年の時にビートルズで音楽に目覚め、中学でギターを始める。
大学卒業後アメリカへ武者修行の旅へ。サンフランシスコのストリートで歌いながら約1年滞在。帰国後幾つかのバンド活動を経て、1993年BMGビクターよりアルバム“SHIME”でデビュー。これまでに4枚のオリジナルアルバムをリリースすると共に「Tequila Circuit」、「Broken Ashes」他のユニットでも活動し好評を得る。作家としては男闘呼組、太田裕美、他多数に楽曲を提供。ライブ活動は年間200本を超えるという実力派シンガー。 

オフィシャルサイト

SHIME:http://shime25.blog.fc2.com/

 《サポートメンバー》

furuhashihayasi.jpg古橋 一晃(Guitar)

日米のカントリー系プレイヤーとのセッションを多数経験。2005年より拠点を東京に移し、セッションプレイヤーとして多くのレコーディングやライブで活動する傍ら、SMCギタースクールの講師も務めている。
オフィシャルサイト
古橋 一晃:https://kazuaki-guitar.jimdo.com/

林 孝明(Bass)

カントリー界の大御所であるジミー時田をはじめ、Keiko Walker&TheHot Street Bandなどカントリー&フォーク系のバンドをサポート。なかでも、マイク眞木のサポートはすでに25年を越える欠かせない存在。
オフィシャルサイト
林 孝明:https://www.facebook.com/noriaki.hayashi.7

千日前ブルーグラス・アルバム・バンド

ハーベストライブsennichimae.jpg
10月14日(土) 14:20 10月15日(日) 12:20

西口 きよし(Guitar)小野田 こうじ(Banjo)
秋元 しん(Mandolin)久永 まさふみ(Bass)

大阪・千日前のライブハウス『アナザードリーム』で月1回開催される「大阪ブルーグラスナイト」のホストバンドとして2006年に結成し、昨年10周年を迎えた関西屈指の正統派ブルーグラスバンド。主にオリジナル・ブルーグラスボーイズやフラット&スクラッグスの古いナンバーをレパートリーに、日夜ストイックにブルーグラスに取り組み、全国各地のブルーグラスフェスティバルに参加して好評を得る。2015年には箱根フェスのバンド人気投票第一位を獲得!近頃では珍しい「エッジ立ちまくりの硬派のブルーグラス」をお楽しみ下さい。 

ライブ告知ページ

千日前ブルーグラス・アルバム・バンド:http://recokin104.web.fc2.com/

八ヶ岳Mt.Boys

ハーベストライブmtboys.jpg
10月14日(土) 10:20 10月15日(日) 10:10

吉田 コーセイ(Guitar) 加藤 達男(Banjo)
 岩下 ユタカ(Mandolin) 成澤 康(Bass)

2012年バンド結成。トラディショナルな楽曲を中心に、ブルーグラスに初めて接する方にも魅力が伝わるよう、ボブ・ディラン、C.C.R.等のロックナンバーから日本語の曲まで幅広くカバーしています。2015年2月に開催された『第14回山梨ポピュラー音楽フェスティバル』において、オリジナル曲「カントリーガール」を演奏し見事グランプリを獲得しました。地元バンドとしてハーベストライブのホスト役を務めます。 

オフィシャルサイト

八ヶ岳Mt.Boys:http://popco.jp/boys/

 秋元 慎

ブルーグラス・トークakimoto.jpg
10月15日10:50ハンターホール

1958年大阪生まれ。ビル・モンロー・スタイルのマンドリン・プレイヤーであり、「秋元慎バンド」の他、「千日前ブルーグラス・アルバム・バンド」、「ラグパパス・ジャグバンド」、「ジョッシュ大塚&リーブス・オブ・グラス」のメンバー。他、セッション・メンとして数多くのシンガーをサポート。ミュージシャンとして演奏活動の傍ら、ムーンシャイナー誌のレビ ューアー、大阪ブルーグラス・ナイトの世話人として、日夜ブルーグラスの普及にいそしむ。国内ブルーグラスシーン“第三世代”のリーダー的存在である。

 北杜市立高根清里小学校

カンティフェアコーラスkiyosatoschool.jpg
10月14日(土) 11:00

全校児童75名の高根清里小学校です。昭和49年4月「高根東北小学校」と「八ヶ岳小学校」が統合し、「高根清里小学校」となって以来、今も昔も明るく、素直な清里っ子たちです。小規模校の良さを生かし学年の枠を越えた活動を通して、協力し合いながら元気に楽しい学校生活を送っています。
カンティフェアには、平成11年度から参加し、当初は、5・6年生のみでしたが、平成23年度からは全校児童で参加しています。1・2年生は、木の葉や木の実で作ったプレゼントを会場の皆さんに配って回ります。3・4年生は、「清里」の素晴らしさをテーマごとチームに分かれて、会場の皆さんにお伝えします。5・6年生は、種まきから全て自分たちの手で育ててきたビオラの花を販売します。清里で育ったビオラは 「寒さに強く長持ちする」と、毎年多くの方々に喜ばれています。会場内で、清里小学校の子どもたちを見かけましたら、ぜひ声をかけください。
また、今年もオープニングセレモニーでは、全校合唱を披露いたします。曲目は、「DO YOUR BEST」です。ポール・ラッシュさんに思いを馳せながら、心を込めて歌います。 

オフィシャルサイト

北杜市立高根清里小学校:http://www.takane-kiyosato.city-hokuto.ed.jp/

 清里聖ヨハネ保育園

カンティフェアコーラスhoikuen.jpg
10月15日(日) 11:00

1955年(昭和30年)頃、清里地区の未就学の子どもたちが清里聖アンデレ教会横の農村図書館の一女子職員に遊んでもらったり、童話を聞かせてもらったり、一緒に歌ったりしているうちに、いつのまにか3人~40人と増えてきて、連日にぎやかな明るい声がこだまするようになりました。そして、保護者から強い希望に応えて、米国での募金活動が開始され、ついに1957年(昭和32年)待望の初代園舎が完成し、翌1959年には定員45名の認可を得て正式に保育事業がスタートしました。
この募金活動に応じて高額寄付金を託された米国ミシガン州デトロイト市の聖ヨハネ教会の支援を憶えて、清里聖ヨハネ保育園と名付けられ、今日に至っております。清里聖ヨハネ保育園では、キリスト教の保育を基として、いつでも神様の存在を近くに感じ、すべての命を尊び多様性を認め、他者と共に平和な社会を築いてゆく人になることを願い、「一人ひとりの子どもたちを祝福する保育」を保育目標に保育を進めています。
2015年の春には多くの方のご尽力により、3代目となる新園舎が完成いたしました。保育園周辺の森からいただいた木や県産材をふんだんに使用した木造の新園舎は温かみがあり、多くの子どもたちが安心して過ごせる空間となっています。また、ここ清里という自然に恵まれた場所の中にあることが、ごく自然に見える新園舎に皆様もどうか遊びにいらしてください。
現在は豊かな自然環境を積極的に取り入れた保育に力を入れております。この清里という地域に根差し、永く地域の方に愛される保育園となるよう、職員一同これからも研鑽していきたいと思います。 

オフィシャルサイト

清里聖ヨハネ保育園:http://www.keep.or.jp/about/hoikuen/

山梨県立北杜高等学校ギター部

ハーベストコンサート
10月14日(土) 15:00清泉寮新館ホール

ギター部は旧峡北高校時代の昭和48年に創部から活動をしています。ギター部の活動は「演奏活動」と「大会出場」の2つに分けられます。
演奏活動
7月に定期演奏会、12月にクリスマスコンサート、4月にスプリングコンサートとギター部主催の演奏会を年間3回実施しています。それ以外にも、学園祭や学校開放行事での演奏、地域での文化祭・社会福祉施設等への出演や演奏依頼をいただいたところへ伺い演奏しています。
大会出場
今年度は「全国学校ギター合奏コンクール2017」に出場しました。「JGA主催全国学校ギター合奏コンクール」は2009年から開催されている大会で、今年度は、金賞・審査員特別賞を受賞しました。
「演奏活動」と「大会出場」を大きな目標として、部訓「感動を 感謝を」のもと、毎日の活動に取り組んでいます。ギターの練習ばかりでなく、一つのことに向かって仲間とともに努力する、考える、創り上げることの大切さを実感できる部活動です。 

オフィシャルサイト

山梨県立北杜高等学校ギター部:http://www.hokutoh.kai.ed.jp/club-guiter.htm

hokutoschool.jpg

男声アンサンブル“PaPas”

ハーベストナイトコンサートpapas.jpg
10月14日(土) 16:50清泉寮新館ホール

《出演者》
指揮者:砂川稔
独唱:稲見里恵(soprano)
ピアノ伴奏:新明知美
合唱:北博之、小路正義、砂川眞(Top Tenor)
   日野忠彦、二郷松雄(Second Tenor)
   橋口優、津田由信、豊田誠一郎(Baritone)
   草光宏、野口和幸、山内治輔(Base)

PaPasは2000年のカンティフェアに出演したのを機に誕生した男性アンサンブルです。爾来、主宰の砂川稔先生(国立音大名誉教授)の指導の下、ドイツ、日本の歌曲を本格的に取り組み、毎年定期演奏会を開いています。今回は久しぶりの里帰りと思い、ソプラノ歌手(二期会会員)稲見里恵さんとの協演を含め内外の名曲を歌いたいと存じます。

オフィシャルサイト

男声アンサンブル“PaPas”:http://www.ne.jp/asahi/excelcom/mag/ensemble_papas/index.html

 

中村 容子

総合司会nakamura2017.jpg

山梨県出身。北杜市にときどき在住。1988年に復活した第1回ポール・ラッシュ祭にボランティアとして参加。NHK甲府放送局キャスターを経て、現在、フリーアナウンサー。株式会社古舘プロジェクト所属。テレビ朝日「やじうまワイド」、NHKラジオ「サンデージョッキー」等、テレビ、ラジオで幅広く活躍。ミス・インターナショナル日本代表スピーチ講師。国際文化交流に関心があり、世界各国の国際協力活動の現場を取材。 

オフィシャルサイト

中村 容子:http://d.hatena.ne.jp/nakamurayoko/