のんびり高原の休日

children_way01.jpg

 敷地内にはさまざまな施設があり、野外でも屋内でもたのしむことができます。のびのび走り回ったり、ごろごろしたり、新しい発見をしたり・・・ たくさんの楽しみ方があります。

晴れの日は何をしよう! 

children_way02.jpg 清泉寮本館前広場でソフトクリームを食べながらのんびりピクニック。ひろびろとした草原でおもいっきり走り回ったりボール遊びしたり。清泉寮パン工房で焼きたてのパンを買って外で食べるのも気持ちが良いです。
また、小さなお子さまからお年寄りまでのんびり散策できる「富士山とせせらぎの小径」はウッドチップが敷きつめられているので、お子さま連れでも安心して森を楽しめます。
 
children_way032.jpg 清泉寮ファームショップでは、デッキ席で山を見ながらパンケーキでランチをしたり、夏休み限定のバターづくり体験・ヘイライドを楽しんだり。ひろびろした景色を堪能できます。
お子さまたちに大人気の清泉寮キープファームショップ前広場は2016年秋「子ども広場」としてリニューアル・オープン!大きなツリーハウス型の遊具が目印です♪ 
 

  雨の日もおすすめです

children_way04.JPG 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター には、絵本を読んだり、生き物について学んだり、靴を脱いで過ごすスペースがあります。寝ころんで、のんびりお過ごしいただけます。
週末や夏休み期間にはスタッフといっしょにクラフトプログラムを体験できます。お子さまと一緒に過ごした夏の思い出に、手作りのおみやげとしていかがでしょうか?
「リスに変身できるコーナー」や「アオダイショウと背比べできるコーナー」が人気です! 
children_way05.jpg ポール・ラッシュ記念館」では、清里の父と呼ばれるキープ協会創設者ポール・ラッシュ博士や開拓当時の地域のことを学ぶことができます。館内には、開拓で活躍した初代ジョンディア・トラクターが展示してあります。実際にトラクターに乗って記念写真の撮影ができます。 
 

お子さまといっしょに楽しむプログラム

children_way06.png

 専門のスタッフがご家族みんなの自然体験をご案内します。日帰りで楽しめるプログラムが充実していますので、お気軽にご利用ください。

●清泉寮ファームショップ 『酪農体験ひろば』
バターづくり、ヘイライド
●山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
ガイドウォーク、クラフトプログラム等
●清泉寮 ※「森の時間」をのぞき、宿泊者限定です。
「森の時間」、「夜のおはなし会」、ハンカチづくり、清泉寮ぬりえ
 

 のびのびネイチャー体験! 

children_way07.JPG

キープ協会は、八ヶ岳中信高原国定公園の八ヶ岳南麓(山梨県北杜市)に広がる緑の大地・清里高原に位置し、八ヶ岳の豊かな自然に恵まれ、約240ヘクタールの敷地内には森や牧草地が広がっています。
森や草原には、たくさんの動物や植物、昆虫などが暮らし、その中には都会では見ることのできない種類も多くあります。

森の探検をサポート 

children_way08.jpg

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターでは、森を探検する強い味方がそろっています。センターでは、「双眼鏡」「虫取りカゴ」「虫取り網」「ピクニックシート」「長靴」、寒い時には「ジャケット」も貸し出ししています。森へ出かけるまえに立ち寄ると、新しい森の楽しみ方を発見できるかもしれません。

※虫かごや虫取り網は、観察用です。つかまえた虫たちは自然に帰してあげましょう

 

 自然を満喫する滞在型プログラムも充実しています 

children_way09.JPG
やまね学校のようす

夜の森を楽しんだり、満天の星をながめたり、動物や植物をもっとくわしく学んだり。特別な時間が待っています。自然やお子さま専門のスタッフがご案内するので安心です。

●フォレスターズ・スクール
●やまね学校
●自然学校の「もりのようちえん」
●「イングリッシュ・キャンプ」など 

 

  自然の中で過ごす際に・・・

もちもの

帽子や水筒、汚れてもいいように着がえ、タオル、虫よけスプレーをお持ちください。標高1400m近くの高原に位置しているので、朝晩の霧や急な雨などがあります。雨カッパや長袖のシャツがあると安心です。

はじめて自然で過ごす方へ

children_way10.jpg 自然で過ごすのが初めての方には、「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」が便利です。センターには自然専門のガイドが常駐していますので、お天気や森の様子、おすすめコースなど、お気軽にお聞きください。また、センター内には「トレイルマップ」や「セルフガイドシート」、「クイズラリーマップ」があるので、お好きなシートを持って出かければ、周辺の木や虫、動物のことを歩きながら遊びながら学べます。 

協会清泉寮の広い草原について 

children_way11.jpg  

約240ヘクタールある敷地のほとんどは、農場で飼育するジャージー牛のえさとなる草を育てる「牧草地」です。広い草原では大きな農業機械で草を刈ったり、肥料をまいたりしています。

牧柵の中はあぶないので立ち入らないようにしましょう。

 

children_way_banner.png children_food_banner.png
children_equip_banner.png