小笠原祐司が紹介するツナギスト

  土肥 潤也 ( NPO法人わかもののまち静岡) 

子ども・若者の地域参画コーディネーター。静岡県内を中心に、子ども・若者がひとり市民として参画できる地域社会を目指し、まちづくりのコーディネーション活動を行う。現在は早稲田大学大学院修士課程に在籍し、子ども・若者参加と持続可能性、シティズンシップに関する研究をしている。
http://dohijun.com/ 
 

若柳 翼(学びの案内人)

 ワークショップ、コーチング、体験学習など様々な手法を引っ提げて、生涯にわたって学び続ける人をサポートしている。家庭、学校、社会、企業など様々な分野での教育と学習をつなぐことに熱がある。2児の父親でもあり、夫婦の関係性デザインや子育て支援・父親支援にも取り組む。社会教育ファシリテーター・プロコーチ。
https://www.facebook.com/tsubasa.wakayanagi 

宮本 大輝(21世紀のしごとを共につくる「しごと商店」店主)

「この時代に生まれてきて良かった。」と娘(2016年生)に感じてもらえることを願って「しごと」をしています。具体的には、コーチング、インプロ(即興演劇)、ファシリテーション(冒険教育含め)を活かした、高校生や大学生のキャリア支援、チームビルディング研修など。「21世紀の生き方・働き方」の探求が趣味(笑)
 http://hiroki38moto.strikingly.com/