古瀬浩史が紹介するツナギスト

  油井 元太郎(公益社団法人MORIUMIUS理事/フィールドディレクター 

 MORIUMIUSフィールドディレクター。音楽やテレビの仕事を経て、2006・09年 に東京と甲子園にキッザニアをオープンさせる。2013年より宮城県石巻市雄勝 町に残る廃校を自然の循環や土地の文化を体感する施設として再生。こどもの 教育を通じた町の新生を目指す。
http://moriumius.jp/ 

平澤  桂(アクアマリンいなわしろカワセミ水族館チームリーダー 

 1976年東京都生まれ。1999年現財団へ入社。現カワセミ水族館の立ち上げに携わる。ゲンゴロウ類を中心とした水生昆虫類、海浜昆虫の調査、研究、保全活動を行っている。福島県レッドリスト見直し調査昆虫類、植物(冬虫夏草)各分科会会員。著書に水生昆虫①②ハンドブック(文一総合出版、共著)
https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/ 

中村  千穂(アクアマリンふくしま 緑の水族館グループ縄文の里運営委員事務局主任  

1980年大阪生まれ。小~中学校時代をインドネシアで過ごし、三度の飯より海に潜ることが好きになる。2004年に東京水産大学(現東京海洋大学)を卒業後、アクアマリンふくしまへ入社。2010年からユーラシアカワウソの飼育担当になり、自然環境を再現した動物展示に取り組んでいる。その傍らで「水族館で海のようちえん」の設立を目指し、ここでしかできない 普及教育について探求中。 
 http://www.aquamarine.or.jp/index.html