about_hoikuen_list_04.png about_hoikuen_list_06.png

礼拝

日々の保育の中でのお祈りを大切にしています。そして、毎週金曜日に全園児が清里聖アンデレ教会で合同礼拝を行っています。また、毎年12月には聖堂において、クリスマス礼拝の中で子ども達によるクリスマス・ページェント(御降誕劇)をお捧げしています。

生活

about_hoikuen_tokusyoku_03.jpg 

 その日その時子どもたちと相談したりしながら、のんびりと気軽に森や野原へ出かけています。春夏秋冬の季節を感じながら、晴れの日も、雨の日も違った表情を見せてくれる自然の中で、子どもたちが毎日楽しく過ごしています。

森のじかん

about_hoikuen_tokusyoku_02.jpg

清里高原の豊かな自然環境を活かした、遊びの時間です。これは、いちまい一枚の葉っぱが全て尊いように、一人ひとりの存在が尊いことを、より感じられる自然の中で子どもたちと保育者が過ごす時間でもあります。具体的な活動としては、木登り・探検・小川での水遊び・焚き火・野外でのおやつ作り・野の草花遊び・ドラム缶風呂等、多岐に渡ります。
年齢にもよりますが、月に数度、生態系や自然遊びに精通したスタッフと共に、森や野原へ出かけています。また、年長児や年中児は月に一度のお弁当日を利用して、より長時間の充実した活動も行っています。

平和のじかん

平和な社会の実現のために、自分たちとは異なる環境や社会に生きる人々との関係を育む第一歩として、世界の様々な国々や人々の文化や習慣に楽しく触れることで知ってゆく時間です。主に、外国籍の協会職員や保護者の方々を招いて、年間数度テーマを決めて集いを開いています。

食育

子どもたちの身体の成長に欠かすことのできない食事は、大切な保育の一環として捉えています。安全で栄養のバランスの摂れた温かい手作りの食事やおやつを提供しております。自然の恵みを感じ、また多くの人たちの働きによって食べられることに感謝しながら、食べることの大切さと喜びを伝えています。